リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

時間帯別のインプレッションシェアが確認できる!?【Google AdWords】


2012年11月にインプレッションシェアレポート機能がアップグレードされたようです。
AdWordsヘルプ

大きな変更点としては以下の3つでしょうか。

  1. 検索ネットワークとディスプレイネットワーク、それぞれのインプレッションシェアに分割
  2. 時間帯別による分割表示機能が追加
  3. インプレッション シェア指標を使ったフィルタの適用、グラフの参照、自動化ルールの作成機能が追加

また、データの算出方法が変わり、精度が向上しているとのこと。

※既存の表示項目が2013 年 2 月に廃止。 2012 年 10 月以前のインプレッション シェアのレポート データ履歴は、利用できなくなるとのこと。

時間帯別インプレッションシェアを活用してみよう!

というわけで、早速使ってみました。

  1. 「ディメンションタブ」から「表示」を「期間」に選択し、「時間帯別」に変更。
  2. こんな形で表示されます。

15:00以降のインプレッションシェア損失率(予算)が増加しているのが分かりますね。

このアカウントは夕方以降にコンバージョンが獲得される割合が高いのに、15:00までの間に予算消化進んでしまい一番熱い時間帯に露出が制限されていることが判明しました。

自動化機能を使って日中の予算消化をセーブするか、キャンペーンの予算を増やす等の施策で問題を改善できそうですね。

まとめ

このように、時間帯別レポート機能を有効に活用することで、これまで気づかなかったアカウントの問題点等を定量的に判断できるようになったのは大きいですね。

皆さんも積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

 

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ