リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google AdWords】「複数のキーワードの診断」機能が追加!?

最近AdWordsに「複数のキーワードの診断」機能が追加されたようです。早速試してみました。

キーワードの診断機能とは?

キーワードとプレースメントの診断は、広告が表示されているかどうかを確認する際に役立ちます。
広告が表示されていない場合には、その原因の説明と問題の解決策が提示されます。
AdWordsヘルプより

実際に試してみましょう。

  1. キーワードタブを開く。
  2. 「キーワードの詳細」から「キーワードの診断」をクリック。

  3. 参照するドメイン・言語・地域・デバイスを選択して、テストを実行をクリック。
    (今回はドメインはco.jp、言語は日本語、地域は愛知県名古屋市、デバイスはデスクトップまたはノートパソコンで設定します。)

すると、ステータス欄の項目が更新されます。

それまではキーワードのステータスでバルーンアイコン(ステータス欄の右上に出ている吹き出しみたいなマークです)を一つ一つクリックする必要がありましたが、これで一目瞭然ですね!

現在広告が表示されているのかをチェックして、さらに品質スコアや入札価格が低い場合は入札価格やキャンペーン予算を調整する等して運用に生かしていきましょう。

おまけ

「キーワードの診断」機能でステータス欄に「入札単価または品質スコアが低い」と表示されている場合ですが、バルーンアイコンを実際にクリックしてみると…

類似キーワードで既に広告が表示されている場合も「入札単価または品質スコアが低い」と表示されているようです。

同一アカウント内に重複するキーワードが登録されている場合は要注意ですね。バルーンアイコンから詳細を確認しておくのもお忘れなく。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

同じカテゴリの最近の記事