リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

キーワードサスペンドについて【Google AdWords】

 

皆さんキーワードサスペンドを御存知ですか?

キーワードサスペンドとは、キーワードの検索トラフィックが少ない場合に広告が表示されない状態のことを言います。

つまり、検索トラフィックの少ないニッチキーワード(売りだしたばかりの新商品名や世間的認知の低いキーワード)やロングテールキーワード(3語以上の組み合わせキーワード等)はアカウントに登録してもキーワードサスペンドにより広告が表示されないのです。 

↑ GoogleAdWordsヘルプより抜粋

↑ GoogleAdWords管理画面を切り取ったもの

対処方法

現状での対処方法は実のところトラフィックが増えるのを待つ他ありません。
逆に言えば、トラフィックが増えれば広告が表示されるようになります。

ただ待つだけなんていや!という方のために対処方法を考えてみました。

■ニッチキーワードの場合
地道に認知活動をおこない自然にトラフィックを増やすようにプロモーションをかけていく

■ロングテールキーワードの場合
組み合わせを変えて登録してみたり一部のフレーズを削ったりする

この辺りの施策を行うことで少なからず状況は良くなるはずなので、対処するために必要な工数と得られる成果を天秤にかけて賢く対処を行なってみてください。

どうしてもという場合は、知り合いを総動員してサスペンド状態のキーワードを毎日検索してもらいましょう。
少なからずGoogleが認識するトラフィックに影響が出るはずなので、あわよくば解消できるかもしれません。

※短時間の間にひたすら検索したり、スクリプトを組んで自動で検索させたりしてもGoogle側で無効なトラフィックとして認識されてしまうので恐らく効果はありません。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

多田 芳教

この記事を書いた人

多田 芳教

カルテットのリスティング広告運用部門責任者をしています。目下の課題は「効率的」で「クレバー」な運用組織の構築。マネージャー目線での情報を発信していきたいと思います。

同じカテゴリの最近の記事