リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

《Google AdWords》広告ローテーションの再改善で「無期限で均等に表示」が追加


 

Google AdWordsでは5月頃に広告ローテーション仕様変更があり、少し話題になりましたが、10月3日にGoogle AdWordsの広告ローテーションの仕様変更が再度ありました。

元々どういう変更だったっけ?

5月ころに

【5月変更時点】
スポンサードサーチの場合「広告表示の最適化」、AdWordsの場合「自動ローテーション」をオフにする(広告を均等に表示するを選択する)と、30日間は均等に表示されるが、31日目以降はパフォーマンスが高い広告が重点的に表示されるようになる

という変更がありました。広告を均等に表示する、という設定なのに30日後にはABテストができなくなる、という変更でした。

あまり手間を掛けずに運用をしたい方にとっては良いのかもしれませんが、ちゃんと運用しようと思うとABテストは必要になります。

そういった意見があちこちで出て、こちらの変更が、30日から90日に変更されたり、Googleがフォームを用意し、入力してくれたら例外的に5月以前の設定を使ってもいいですよ、という措置が取られたりしていました。

今回の変更は?

広告ローテーションの中に「無期限に均等に表示」という項目が追加されました。

これを設定しておくことで、自分の好きなだけABテストを行うことができます。

まとめ

元々の変更もメリットはあると思いますが、自動化だけに頼らずしっかり運用したい人間もいるので、こういった変更は慎重に行なっていただけるとありがたいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック