リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

リスティング広告の配信地域指定について《スポンサードサーチ》

Yahoo、Google共にキャンペーン単位で配信地域指定を設定できるのはご存知ですよね?

ちなみにスポンサードサーチでは都道府県単位、インタレストマッチでは市区町村単位まで、Googleは市区町村単位、任意ポイントからの半径を指定して設定することができます

今回はこの地域指定についてお話します。

地域指定をしていても、地域外に広告は表示される!

例)愛知県を商圏として賃貸仲介業を行なっている会社の地域設定

  • 取り扱い物件は愛知県内の物件である
  • 県内で引越しを検討しているユーザがメインターゲットである
  • 全国から愛知県に引っ越してくるユーザもサブターゲットとしてピックアップしたい

『商圏は愛知県ですが、地域指定を「愛知県」にしてしまうと、指定外の地域の人に広告が表示されないので地域指定はしていません!』
このように勘違いして全国向けに広告を配信して、余分に広告費を払っているケースをたまに見かけます。

実は、地域指定を「愛知県」にしていても、指定地域外に広告は配信されるのです。

地域指定を行った場合の配信方法をコントロールする

スポンサードサーチでもAdWordsでも、地域指定を行った場合、どのような場合に広告を出すのかを指定することができます。

■スポンサードサーチの場合

[キャンペーン編集]→[ターゲティング設定]→[地域:設定する]→[地域判定の詳細設定]

■AdWordsの場合

[キャンペーン設定]→[ターゲット地域の詳細設定]→[ターゲット]

スポンサードサーチもAdWordsも3つの中から設定を選択することができます。

それぞれのサービスで文言が異なっていますが、上段・中段・下段はそれぞれ同じ意味になっています。
各項目説明すると以下のようになります。

上段を選択した場合・・・
指定した地域で検索したユーザ + 指定した地域に関連するクエリで検索したユーザ  に広告を配信 ※デフォルト設定

 

中段を選択した場合・・・
指定した地域で検索したユーザ に広告を配信

 

下段を選択した場合・・・
指定した地域に関連するクエリで検索したユーザ  に広告を配信

デフォルトでは上段の設定が有効になっていますので、指定した地域で検索したユーザと指定した地域に関連するクエリで検索したユーザに広告が配信されるようになっています。

つまり、賃貸仲介の例で懸念していた、指定地域外のユーザにもばっちり広告が配信できるのです!

例)以下の場合、広告は表示されます。
東京で 「名古屋 賃貸」と検索
大阪で 「賃貸 愛知」と検索
北海道で「名古屋市中区 高級賃貸」と検索

まとめ

地域指定をする際は、ご自身の商圏、ユーザの特徴をしっかりと理解した上で設定をするようにしましょう。
Yahoo、Googleで指定できる地域の範囲は若干差異があるのですが、基本的に考え方は同じです。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

多田 芳教

この記事を書いた人

多田 芳教

カルテットのリスティング広告運用部門責任者をしています。目下の課題は「効率的」で「クレバー」な運用組織の構築。マネージャー目線での情報を発信していきたいと思います。

同じカテゴリの最近の記事