リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リスティング広告の運用で役立つExcelの小技


今回は、リスティング広告の運用で役立つExcelの小技をご紹介します。

Google AdWordsの広告作成画面にて、

「次の国のみをターゲットに、文字数の長いテキスト広告の作成を希望します。」

にチェックを入れると、広告タイトルが半角30文字に出来ますが、

AdWordsのアカウントデータを手動でCSV編集してYahoo!用に書き換えたり、弊社ツール Listing CSV Conveter などを用いてYahoo!に移す際、こんなエラーが発生して困ったことはありませんか?

これは、AdWordsでは半角2文字で全角1文字扱いとなるため、半角文字だけで30文字ぎりぎりまで使っている場合(アルファベットを多く使ったタイトルや、金額など数字を多く使ったタイトルなど)だと、結構な頻度で発生するエラーです。

そんな時は、Yahoo!からエラーファイルをダウンロードして広告タイトルの1つ右に列を追加し、その列の全てのセルに

=LEN(1つ左のセル)

という数式を設定しましょう。

そうすると・・・

追加した列に、広告タイトル列に書かれている文字数がカウントされ、文字数が出てくるのです!

このテクニックを使うと、今回のようにYahoo!へのインポートを成功させたいケースでは、15文字をオーバーしているタイトルのみをフィルタリングして修正していくと、てっとり早く必要箇所だけを修正できるようになります。

是非お試しください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ