リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

削除してしまった広告グループを2ステップで復活させる《AdWords》

今回は、何らかの理由で過去に削除してしまった広告グループの復活方法をご紹介します。

削除してしまった広告グループを復活させたい!
そんなときには、今回ご紹介する方法で簡単に削除してしまった広告グループを復活させることができます。

STEP1 削除済み広告グループを表示させる

「広告グループ」タブの下あたりにあるボタンをクリックし表示されるメニューの中から「すべて」を選択します。

すると、過去に削除した広告グループ達が「削除」というステータスで表示されます。


STEP2 「削除」ステータスを「アクティブ」ステータスに変更する

「削除」ステータスの広告グループを選択し、「ステータスの変更」から「アクティブ」をクリックします。

すると、「削除」ステータスだった広告グループが「アクティブ」になり、無事復活させることができました。

 

以上のとっても簡単な2ステップで削除してしまった広告グループを復活させることができますので、ミスやトラブルにより広告グループを削除してしまった場合でも慌てず焦らず対応するようにしましょう。

ちなみに、今回紹介した手順のポイントは「削除済みの広告グループを表示させる」ことでしたが、広告グループ以外(キャンペーン、広告、キーワード)でも同様の手順でステータスが「削除」となっているものを選択して復活させることができます。

 

 2012年7月30日 追記

キーワード、広告文については、過去になんらかの記録(インプレッション・クリック等)が残ってない場合、削除したものは「削除」ステータスにはならず、普通に消えてしまいます。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

多田 芳教

この記事を書いた人

多田 芳教

カルテットのリスティング広告運用部門責任者をしています。目下の課題は「効率的」で「クレバー」な運用組織の構築。マネージャー目線での情報を発信していきたいと思います。

同じカテゴリの最近の記事