リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

広告表示方法が改善されました&ローテーション回避の小技《スポンサードサーチ、AdWords》


つい1ヶ月ほど前の話ですが、スポンサードサーチ、AdWordsにおける広告の表示方法に変更があったのをご存知でしょうか?

その内容とは、以下のようなものでした。

変更前
スポンサードサーチの場合「広告表示の最適化」、AdWordsの場合「自動ローテーション」をオフにする(広告を均等に表示するを選択する)と、30日間は均等に表示されるが、31日目以降はパフォーマンスが高い広告が重点的に表示されるようになる

この機能変更については、リスティング広告をしっかりと運用している人にとっては「なんでやねん」という内容になっていたのですが、この度、批判が多かったためか、ヤフー、Googleの内部で問題として取り上げられたからなのかはわかりませんが、6月上旬より以下のように機能が変更されました。

まあ、普通に運用していれば広告のA/Bテストを行うなんてのは当たり前のことですが、この謎機能が発動するとテストができなくなっちゃいますからね。

変更後
スポンサードサーチの場合「広告表示の最適化」、AdWordsの場合「自動ローテーション」をオフにする(広告を均等に表示するを選択する)と、90日間は均等に表示されるが、91日目以降はパフォーマンスが高い広告が重点的に表示されるようになる

より長い期間で広告のテストができるように、カウントされる日数が3倍の90日間に延長されました。

結局90日間になっただけで、本質的には変わってないじゃんと思うかもしれませんが、この謎機能を回避するための小技が存在していますのでご紹介しましょう。

広告ローテーションの回避方法

上記で説明してきた広告の表示方法の変更についてですが、以下の簡単な操作によりカウントされている日数をクリアできるようです。

「広告を一旦オフにして再開する」

たったこれだけでOKです。

つまり3ヶ月に一回広告のオン、オフを行うことで広告ローテーションを回避できるということですね。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ