リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google広告】【YouTube動画広告】TrueViewアクション広告のご紹介


みなさんこんにちは。大村です。
最近は電動インパクトドライバーというものを購入した影響で、YouTubeでDIY動画見ることが多くなりました。簡易的な棚やキャンプ用品などを動画を参考にDIYしています。

目的は様々ですが、きっとみなさまの日常にもYouTube動画を鑑賞する時間が少なからずあるのではないでしょうか。

動画配信メディアとして圧倒的利用ユーザー数を誇るYouTubeですが、2016年実施のニールセン デジタル社の調査によると、18歳以上の月間アクティブユーザー数は6,200万人に登ると言われています。また、利用者の40%はYouTubeで見つけた商品を購入したことがあると回答しています。

そんな大きな可能性を秘めているYouTube動画広告ですが、ブランディング目的で配信するイメージはありませんでしょうか。私も「動画広告は、インプレッションや視聴数はかなり獲得できるけど、クリック単価に換算すると高くつくなあ」
といった印象をもっており、コンバージョン目的の広告主様には提案しずらい印象でした。

そこで、今回はYouTube動画広告の中でも、CVやCPAを目的として配信ができるTrueViewアクション広告をご紹介いたします。

TrueViewアクション広告とは

TrueViewアクション広告とは、基本仕様はインストリーム広告と同じです。
異なるポイントは、

  • 動画の途中や最後に表示される行動を促すフレーズ大々的に表示される
  • 入札方法にコンバージョン数の最大化や目標CPA単価が選択できる

の2つです。
インストリーム広告のCV獲得を目的としたバージョンというとイメージが付きやすいと思います。その他の仕様に関しては、主な動画広告フォーマットと共にまとめさせていただきました。

TrueViewアクション広告の入稿方法

キャンペーン作成画面から、目標:見込み顧客の獲得、キャンペーンタイプ:動画 を選択します。


入札戦略は、
「目標コンバージョン単価制」or「コンバージョン数の最大化」のどちらかを選択します。


広告の作成画面では、「行動を促すフレーズを」必ず設定しましょう。

実際に配信してみた

実際にTrueViewアクション広告を配信する機会がありましたので事例紹介させていただきます。

案件概要

  • 商材:学習塾
  • 配信メニュー:検索連動型広告、TrueView広告、ディスプレイ広告
  • CVポイント:無料体験レッスンのWeb申し込み
  • 動画広告のターゲティング:カスタムアフィニティ、カスタムインテント、リマーケティング

TrueViewアクション広告 VS TrueViewインストリーム広告

本アカウントでは、TrueViewインストリーム広告で配信していたものを、TrueViewアクション広告に切り替え運用を行いました。切り替え前と切り替え後の比較が下記の通りです。


インストリーム広告では、CV2件、CPA34,972円で推移していたものが、アクション広告に切り替えた後、CV7件、CPA10,125円と改善しております。クリック率もアクション広告のほうが高く、クリックも安価に獲得ができております。

検索広告 VS TrueViewインストリーム広告

同期間に配信していた検索広告との比較が下記のとおりです。
※指名以外のKW


CPAが検索とほぼ同水準で推移しているのがわかります。

最後に

今回はYoutube動画広告のTrueViewアクション広告をご紹介させていただきました。
動画広告はブランディング目的の配信といった印象がありますが、TrueViewアクション広告を利用することで、コンバージョン目的でも配信ができるようになっております。

みなさんも是非活用してみてはいかがでしょうか。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ