リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【初心者向け】品質スコアを上げて上位掲載を狙おう(検索広告)


皆さんこんにちは。GWが終わってから休みがいつも以上に待ち遠しくなっており、思わず「2020年 GW」と調べていた古田です。ちなみに「2020年 GW」と調べると上位に「GWが16連休になるかもしれない件」と出てきます。上位表示されてるだけあってすぐ目に止まりました。信じて、良いんだよね…?

広告を上位掲載したい!

やはり上位に掲載されている記事や広告は目に付きやすいもの。広告であれば上位に掲載されている方が安心感があるなんて人も居ますし、運用者なら広告は上位に掲載したいですよね。そんな広告の掲載順位を決める要素はズバリ、広告ランク。広告ランクの高い広告であるほど、上位に表示されます。広告ランクは下記の式で求められます。

広告ランク=入札金額✕品質スコア

広告ランクを上げるためには、入札金額、品質スコアの強化が必要であることがわかります。入札金額は手軽に調整が行える部分ではありますが、クリック数やコンバージョン獲得のためにも無駄に入札金額は上げたくないですね。ということで、当記事では「品質スコア」の改善方法についてご紹介していきます。

品質スコアとは

品質スコアとは広告の全般的な品質を評価するもので、各キーワードに対し最低1~最高10の数値で評価されます。各キーワードに対する広告やランディングページの品質を示し、「推定クリック率」「広告の関連性」「ランディングページの利便性」の3つを基準に決定されます。

推定クリック率

「推定クリック率」は、広告が表示されたときにクリックされる可能性を表し、過去のクリック率に基づいて算出されます。

ランディングページの利便性

「ランディングページの利便性」は、ユーザーにとって広告のランディングページがどれくらい関連性があり、役に立っているかを表します。ランディングページのコンテンツとユーザーの検索語句との関連性の高さやページでの操作のしやすさといった要素が考慮されるため、コンテンツと検索語句との関連性が低かったりページが重かったりすると、利便性は低いと判断されます。

広告の関連性

「広告の関連性」は、キーワードと広告に含まれるメッセージとの関連性の高さを表します。キーワードと広告文を一致させることで関連性は上がるため、運用者としては広告の関連性に留意しておきたいところです。

品質スコアが高い場合は、広告・ランディングページの関連性や利便性が高いことを示しており、低いクリック単価でも高い掲載順位が可能となります。逆に品質スコアが低い場合は、広告・ランディングページの関連性や利便性が低いことを示しており、高いクリック単価を設定しないと高い掲載順位は狙えません。

管理画面での品質スコアの確認方法

管理画面「表示項目」から品質スコアを選択します。品質スコア、推定クリック率、ランディングページの利便性、広告の関連性それぞれ過去全体の平均が見れる項目(無印)と、最新の情報が見れる項目(履歴)があります。最新の情報が見れる項目(履歴)については、過去のデータを遡ることができるため、時間別で分割をすることで過去の品質スコアを確認できます。

例えば、三ヶ月前までは品質スコアが良かったはずなのに徐々に下がってきた気がする…何でだろう?となったときなどに時系列で見れるため、いつ頃から品質スコアが下がったのかを確認でき、品質スコアが下がった要因を探る手がかりとなります。

品質スコアの改善点

上述したように品質スコアは「推定クリック率」「広告の関連性」「ランディングページの利便性」の3つを基準に決定されます。しかし、ランディングページの利便性については運用者だけではどうにもできないところ。したがって一般的に、広告文にキーワードを含めることで「広告の関連性」を高めようといった改善をすることが多いです。とは言っても具体的にどこを指標にどうすれば良いかよく分からない!どこ見れば良いの!助けて先輩!という運用初心者の方は、以下の項目に注目しましょう。

  • クリック数が取れているキーワード
  • コンバージョン数が取れているキーワード

膨大な数のキーワードがある中で品質スコアを睨むのは中々酷です。クリック数やコンバージョンの多いものから並べ替えて、それぞれ品質スコアを確認していきましょう。クリック数・コンバージョン数が取れているにも関わらず品質スコアが低いキーワードがあれば、そのキーワードを広告文に組み込むことで広告の関連性は上がります。

まとめ

品質スコアの変動について社内で聞いてみたところ、入札単価を上げることによって推定クリック率が上がったり、コンバージョン獲得数と品質スコアが比例した事例などもあります。一般的には広告の関連性を上げるため、広告文とキーワードに着目することが多いですが、品質スコアの判断基準は実際もっと奥が深いかも…?とは言え、品質スコアが低いときに一番にできる方法としては広告の関連性を上げることなので、まずは広告文の変更から行ってみては如何でしょうか?

以上、古田でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ