リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

一時停止中キャンペーンの広告承認ステータス確認方法《AdWords》

 今回はAdWordsのちょっとした小ネタをご紹介します。

かなり限定的な話ですが、以下のような状況になったことはありませんか?

「一時停止中キャンペーンの広告承認ステータスを確認したい!」

この状況で何が困るかというと、
一時停止中のキャンペーン内の広告は、広告そのものの承認ステータスではなく、キャンペーンが停止中なので表示されません、というステータスが表示されてしまうことです。

具体的なところで言うと、こんな時に困ったりします。

新規キャンペーンを作成し、全ての審査が通過したのを確認して、特定の日にアクティブにする場合

■アクティブキャンペーン内での広告の見え方 

■一時停止キャンペーン内での広告の見え方

フィルタを使って承認ステータスを確認しよう!

■1 AdWordsの管理画面で、
「キャンペーン」→「広告」→「フィルタ」→「フィルタを作成」をクリックします。

■2 フィルタ設定エリアが表示されます。
でデフォルトでは「クリック率」が選択されていると思いますので、そこをクリックしてその他のフィルタメニューを表示し「承認ステータス」をクリックします。

■3 広告の承認ステータスが表示されますので、フィルタをかけたいステータスを選択します。
(今回は、一時停止中のキャンペーンで「審査中」、「不承認」になった広告が無いか確認する場合を想定しています)

■4 フィルタ結果を確認します

↓ フィルタに引っかかる広告がなかった場合

↓ フィルタに引っかかる広告があった場合

 承認ステータスフィルタはキャンペーン単位でしか使えません。

まとめ

今回は一時停止中キャンペーンの広告の承認ステータスを確認するという、限定的な使い方でフィルタ機能を紹介しましたが、フィルタにはその他にも様々な使い方がありますので、色々と設定を変更して便利な使い方を探してみてください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

多田 芳教

この記事を書いた人

多田 芳教

カルテットのリスティング広告運用部門責任者をしています。目下の課題は「効率的」で「クレバー」な運用組織の構築。マネージャー目線での情報を発信していきたいと思います。

同じカテゴリの最近の記事