リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

年末年始の広告配信、どうしてますか?


みなさんこんにちは、運用者の黒川です。

年末年始はいかが過ごされましたでしょうか?
帰省したり、旅行に行ったり、ダラダラ過ごしたりと思い思いの過ごし方がありますよね。

そんな年末年始では、広告の配信はどうされていましたでしょうか?
今回の記事では、年末年始は配信を停止すべきか継続すべきか、といった点について事例とともに紹介します。
※私個人の経験・考察から記事を作成しております。「絶対にそうだ!」というものではありませんのでご理解ください。
※年末年始といっても人によっていつからいつまでが異なりますが、今回は主に12/28~1/3あたりを年末年始と記載しています。

年末年始は停止すべき?配信すべき?

この問の答えとしては、商材による、というのが私の結論です。
また、基本的には検索行動自体が減り、広告表示回数も減少する傾向があります。そのため、クリック数が減少して、そもそもコスト自体が下がるため、CPAが特別悪い!といったこともあまりない印象です。
そのため、広告配信自体は、あきらかに停止した方が良い案件以外はそのまま配信しても大きな影響はないです。

ではまず、どんな商材だと停止した方がいいのでしょうか?

停止した方が良い商材例

 

広告主様が休業、かつ、「今」対応してほしいサービス・商材

前提として、広告主様もお休みのケースですが、水道トラブルなどの出張サービス系は、ユーザーが「今」対応してほしいニーズが強いため、対応していない時点で離脱されます。
そのようなサービス・商材は電話での問い合わせが中心になりますので、電話が繋がらないとユーザーに不快感も与えてしまう可能性もあります。
結果、無駄クリックになってしまいますので、停止した方が良いですね。

 

年末年始の成果状況が良い商材例

逆にユーザーのモチベーションが年末年始に上がるなど、成果状況が良くなる商材もありますので、以下で一部紹介します。

転職系求人サイト

年末年始をゆっくり過ごされる方にとっては、時間がたっぷりありますので、自分を見直す良い機会ですよね。
また、同窓会だったりで同年代の友人と会ったりして、お互いの近況を話したりすると、隣の芝生(仕事・会社)が青く見えることも...。
年末年始に調査したり、動くユーザーも存在するため、配信しておくことは損ではないと考えております。

ちなみに配信した案件の年末年始の結果は以下になります。

普段のCPAと比べると4割程度安くなりました。
極端な例ではありますが、表示回数も増加していることから、ニーズ自体が増加していることが読み取れます。

中古住宅販売

年末年始に、実家に帰省されたりする方もいらっしゃいますよね。
親戚・家族が集まる中で、「そろそろ家を買おうと思う」などの相談も上がるかと思います。この商材だけではありませんが、自分ひとりでは決めれないような、自分の親にも相談したりするような商材でしたら、年末年始に成果が取れる可能性があります。

配信した案件の年末年始の結果は以下になります。
※以下画像は、動きがわかりやすいように、赤線グラフを「コンバージョン」にしております。

 

年末にかけてコンバージョンがどんどん取れるようになっていっています。画像内の年末年始期間のCPAを12月全体と比べると5割程度も安くなっていることもわかりました。

などなど...。
上記以外にも、停止した方が良い案件、配信した方が良い案件は他にもありますので、みなさんもアカウントを見てデータを確認してみてください!

【おまけ】BtoB商材

BtoB商材の検索ボリュームは、基本的には激減する傾向が多いです。
そのため、配信していてもCPAに大きな影響は、経験上、ほとんどの案件で見られません。検索してくれるユーザーが少数でも存在するのであれば、貴重な成果獲得機会でもありますので、配信はしておいた方が良いでしょう。
ちなみに、弊社も年末年始に限らず、長期連休でも配信は止めずにそのまま流しています。

まとめ

年末年始は1年間で見ても特別なイベントですよね。
消費行動がいつもと全く異なるため、それを見越した広告配信ができれば、より最適な運用ができますね!

同じようなことが、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、お盆などの長期連休にも当てはまります。次の長期連休はゴールデンウィーク...そこに向けて今一度考えてみましょう!

以上、黒川でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ