リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【リスティング広告】不動産系アカウントの代理店乗り換え時に行った具体的施策


みなさんこんにちは!
最近は友達の赤ちゃんに会いに行って幸せをおすそ分けしてもらった高木です。
さて今回は初期構築時に行った2つの施策をご紹介いたします。

案件概要

今回ご紹介させていただくアカウントの概要です。

  • 商材:不動産
  • 配信媒体:Google検索
  • 地域:群馬県
  • コンバージョン地点:会員登録とお問い合わせ

このお客様は以前別の代理店様に広告配信をご依頼していましたが、更なる成果向上を期待して弊社にお任せいただくことになりました。お客様に広告の効果をしっかり実感していただくために工夫したことをご紹介いたします。

既存アカウントの課題と提案のポイント

アカウントを再構築する際に、まずは既存アカウントをお客様から共有いただき分析してみました。
その際、今後の運用の課題だなと感じたのは下記2点です。

課題1:設定しているコンバージョンが獲得できていない

既存アカウントでは管理画面で「お問い合わせ完了」がコンバージョンに設定されているものの、これまで全くコンバージョンが獲得できていない状況でした。
コンバージョン設定は広告の効果計測はもちろんですが、日々の運用の中で予算やクリックを寄せる判断材料にもなる大切な指標です。そのため、お客様と相談し、コンバージョンポイントの追加をご提案しました。

課題2:キーワード、広告文のグルーピング見直し

不動産業のクライアントさまで検索クエリは多岐に渡る傾向がありましたが、広告文はアカウント内で1つのパターンしか登録されておらず、キーワードごとにクリック率を見てみると大きな差があることが分かりました。
さらにクエリを分解していると、「高崎市」「高崎駅」など、地域に関するクエリがほとんどだったので、キーワードのグルーピングと広告文の最適化も実施することにしました。

施策の紹介

上記2つの課題が見つかったので2つの施策を行いました。

施策1:「会員登録」をコンバージョン地点に追加

前代理店様でのコンバージョン地点は「お問い合わせ」しか設定されていなかったため、「会員登録」をコンバージョン地点に追加しました。移行前のコンバージョンは0件だったため、「お問い合わせ」だけでは分析するための充分なデータが集められないと考えました。
充分なデータ量がないと成果の悪いキーワードの抑制や停止の判断が難しいですよね。そのため、少しハードルが低い会員登録をコンバージョン地点に設定し、分析がしやすいような構成に変更しました。

施策2:広告文の中にエリア名を記載

群馬 物件」というキーワードに対しては「群馬の物件多数掲載中」といったようにエリアを決めた人向けの広告文を作成しました。
理由として、前代理店様の実績を見ると「群馬×物件」で検索してくるユーザーが多かったためです。検索キーワードはユーザーの意思になってくるため、その意思が広告文のタイトルに表示されていればクリックされやすくなると考えました。
エリア名が入った広告文と入っていない広告文でABテストが出来るような構成に変更しました。

結果

初月の配信結果は以下の通りです。

今回のコンバージョン5件は全て「会員登録」ですが、お客様には広告で効果が出ていると実感してもらえ喜んでいただけました。上記2点の施策は以下のような効果が出ました。

施策1の結果

少しハードルの低いコンバージョン地点を登録したため、キーワードの良し悪しを判断することが出来るようになりました。これまではコンバージョンが獲得できていなかったため、クリックなどの指標でしか調整が行えていなかったと想定されます。しかし会員登録のコンバージョンを計測したことでコンバージョンキーワードに予算を回したり、成果の悪いキーワードは入札を下げるなどの調整が行えたため、結果としてコンバージョン獲得・増加に繋げることが出来ました。

施策2の結果

キーワードと広告文のマッチ度を上げたところ、移行前は1%台だったクリック率が3.12%と向上しました。エリア名が入っている広告文と入っていない広告文でABテストを行いましたが、実際の5件のコンバージョンは全てエリア名が入っている広告文で獲得できていました。

施策1、2の結果を受けて、まずはひとつの目標であるコンバージョンを獲得するに至りました。
現時点では会員登録だけのカウントなので、今後はお問合せのコンバージョン獲得に向けて、会員登録を獲得出来たキーワードがお問合せに繋がっているのか?等の関係性も深堀りしていきたいと考えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
乗り換え時にお客様は広告の効果が分からないと不安になっていらしゃいました。しかし「会員登録」をコンバージョン地点に設定することで、初月から5件のコンバージョンを獲得することができ、お客様に広告の効果を実感していただけることが出来ました。
ユーザーの特性を考えてから初期構築を行うなど、いろんな工夫をしてお客様に満足していただけるような広告配信をできるといいですね。
以上、少しでもこの記事が参考になりますと幸いです。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ