リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

サイトリンクを活用しよう《GoogleAdWords》


AdWords広告テキストの下に、ウェブサイト内のページへのリンクを表示させることができるのをご存知ですか?

これは、サイトリンクと呼ばれる機能で、広告設定オプションの一つとして誰でも簡単に設定できます。

サイトリンクを使用すると、メインのリンク先ページ以外に、広告テキストの下にウェブサイト内のページへのリンクを表示することができます。

■表示例

 

サイトリンクのメリット

サイトリンクを設定することで以下のようなメリットがあります。

■ショートカットの提供で検索ユーザを効率的に誘導できる
メインのリンク先以外で重要なページや、見てもらいたいページ、人気ページ等をメインのリンク先とは別に表示することができ、クリックして移動してもらいやすくなる。

■簡単に設定できて使い勝手が良い
今回は具体的な設定方法は割愛しますが、サイトリンクの設定自体はとっても簡単で誰でも設定することが出来ます。
設定方法については、AdWordsヘルプをご参照下さい。
広告テキストの下にウェブサイト内のページへのリンクを表示する

また、サイトリンクを使用するにあたっては以下の点に気をつけましょう。

■サイトリンクの表示には一定の条件を満たすことが必要
《サイトリンク表示の条件》

  • 広告が検索結果の上部の最上位の表示であること。
  • 広告の品質スコアが極めて高いこと。
  • 広告サイトリンクで設定したURLは、ユーザーがメインページに移動できるリンクが必要で、自由にページを移動する必要があること。

 

まとめ

冒頭でも申し上げましたが、サイトリンクの設定は、比較的簡単に誰でも行うことが出来ます。(ブラウザで管理画面にアクセスして設定することも出来ますが、個人的にはGoogle AdWords Editorを使うほうが楽なのでそちらをオススメします。)

しかも、実際にグーグルで検索してみると分かることですが、サイトリンクを活用している広告主は意外と少ないように感じます(もちろんジャンルによりますが)。

是非、広告パフォーマンスアップを目指してサイトリンクの設定を行いましょう!

P.S.
そもそもサイトリンクとは、Google の検索結果で一部のサイトの下部に表示されるもので、広告テキストに限った話ではありません。
過去にGoogleサイトリンクの仕組みという記事を書いていますので、よろしければそちらもご参考にして下さい。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ