リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Googleタグマネージャー】サイト内のYoutube動画再生をコンバージョン計測する方法


こんにちは、荻野です。
春らしい陽気で過ごしやすい日が続いていますね!そろそろコタツ離れしなくてはと思いつつ、名残惜しくてなかなかコタツがしまえない今日この頃です。

さて今回は、お客様から『サイト内に埋め込んである、動画(Youtube)の再生回数をコンバージョンとして計測したい!!』というご相談をいただき、Googleタグマネージャーを使用して設定を行いましたので、その設定方法をご紹介したいと思います。ご参考になりますと幸いです。

準備するもの

設定にあたり、必要なものは下記3点です。

  1. Googleタグマネージャーのアカウントとコンテナ
  2. サイト内全てのページにGoogleタグマネージャーを設置
  3. Google・Yahoo!などのコンバージョンタグ

Googleタグマネージャーの設定方法

まずはGoogleまたはYahooでコンバージョンタグを発行し、Googleタグマネージャーへ設定を行なって下さい。下記のステップを進めていけば、簡単にYoutube動画再生のコンバ―ジョン計測設定を行なうことができます。

Googleタグマネージャーへのコンバージョンタグの設定方法については割愛させていただきます。

ステップ1:変数の追加

Googleタグマネージャーの設定画面から組み込み変数の設定を行います。

下記キャプチャ内①の[変数]タブから②の[設定]ボタンを押して、[動画]の中にある③の[Video Title]にチェックを入れて変数の追加を行います。

補足:Video Titleとは?

Video TitleとはYoutube動画のタイトル名です。下記キャプチャの赤枠内の『商品PR動画タイトル名』がGoogleタグマネージャーで設定する[Video Title]にあたります。

ステップ2:トリガーの作成

変数の組み込みが完了したら①の[トリガー]タブから②[新規作成]を選択し、トリガーの作成を進めていきます。

そして下記キャプチャ内の③の赤枠あたりをクリックすると、右側にメニューが出てきます。[トリガーのタイプを選択]から[ユーザーエンゲージメント]の④[Youtube動画]を選択して下さい。

下記キャプチャを参考にしながら、以下の手順で設定を進めて下さい。

  • ⑤:[開始]にチェックを入れる(動画を再生開始したタイミングのみCVが計測されます)
  • ⑥:[一部の動画]を選択
  • ⑦:ステップ1で設定した変数[Video Title]を選択
  • ⑧:条件は[等しい]を選択
    ([含む]でも問題ないですが、[等しい]の方がCV計測の確実性が高まります)
  • ⑨:Youtube動画のタイトル名を入力
  • ⑩:任意のトリガー名を設定

上記⑤~⑩までの手順が完了したら右上の[保存]ボタンを押してトリガー設定は完了です(・ω・)bグッ

補足1:⑤について

⑤についてはコンバージョン計測のタイミングを指定しています。チェック項目別にコンバージョンが計測されるタイミングをまとめましたので、下記の表をご参考下さい。
また、すべての項目にチェックを入れるとすべてのタイミングでコンバージョンが計測されます。

開始 動画を再生開始したタイミング
完了 動画視聴が完了したタイミング
一時停止
シーク再生
バッファリング
動画の視聴を一時停止したタイミング
動画の巻き戻し再生を行なったタイミング
動画の読み込みが行われたタイミング
進捗状況 指定した割合、または秒数が経過したタイミング
(例)10%と指定したときは動画再生が全体の10%視聴されたタイミング
10秒と指定したときは動画再生が10秒経過したタイミングでCVを計測

ステップ3:コンバ―ジョンタグとトリガーの紐づけ

最後にGoogleタグマネージャーに設定したコンバージョンタグとステップ2で作成したトリガーを紐づけ、[保存]でCVの計測設定は完了です!

タグ発火の確認を忘れずに

ステップ1~ステップ3まで完了したら、該当のアカウントのGoogleタグマネージャーをプレビューモードにし、サイト内のYoutube動画を再生してタグ発火の確認を忘れずに行なって下さい。

無事に発火が確認できました\(^o^)/安心安心。
以上、Googleタグマネージャーを使用したYoutube動画再生のコンバージョン計測方法のご紹介でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
商品の認知配信を行うときに、サイト内にYoutube動画などを設置しているなら、動画の再生回数をコンバージョンとして計測を行うことで、『これだけ動画見てくれてましたよ!商品に関心を持っているユーザーをちゃんとサイトに呼び込めてますね!』なんてお客様への話のネタにもできます。
興味のある方はぜひ設定してみて下さい!

以上、荻野でした。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。



リスティング広告情報&新着 RSS


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ