リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ユーザー層に合わせて最適なリンク先を設定しよう


みなさんこんにちは、運用者の黒川です。

今回は、2つのページを配信してABテストを実施した結果、
ユーザー層によってCPA・CVRが異なる事例がありましたのでご紹介します。

案件概要

  • 商材:業務効率化などの社内システム
  • 配信内容・・・ 検索広告:屋号キーワード、一般キーワード
    ※一般キーワード例「業務効率化 システム」、「業務効率化 ツール」など

こちらの案件にて、以下のように2つのページを配信しました。

  • 配信ページA:リスティング広告用のページ(以下、専用ページと記載します。)
    ・・・特徴:情報量は少ないが、要点を押さえていて見やすい
  • 配信ページB:公式ホームページ
    ・・・特徴:情報量は多いが、ユーザーは必要な情報を多数のページから探さなければならない

2つのページの配信結果

表①

表①のように、ページごとのデータ集計結果では、効果の差異はほとんどないですね...。

しかし、それぞれのページで集計方法を変えた結果、配信内容によって効果が異なることがわかりました。
それが以下の表になります。

表②

表②より、以下のような効果の差があることがわかりました。

屋号キーワード:公式ホームページの方がCPA、CVRが良い
一般キーワード:専用ページの方がCPA、CVRが良い

配信結果より考察

配信内容別のターゲットの違い

表②の配信内容は、以下のようにターゲットが異なります。

  • 屋号キーワード:既に広告主様のことを認知しているユーザー
    ・・・もっと広告主様についての情報が欲しい、知りたいというニーズを持つ。
  • 検索広告(一般キーワード):調査中のユーザー(新規ユーザーの可能性が高い)
    ・・・数ある「業務効率化システム」の中でも、どの商品がいいか調査、検討したいというニーズを持つ。(広告主様のことはまだ知らないユーザーも多い。)

ページとユーザーの親和性

ターゲットの違いを踏まえ、ページとの親和性を考えてみました。
以下がその考察になります。

  • 配信ページA:リスティング広告用のランディングページ
    ・・・屋号キーワード検索ユーザー:既知の情報が多い。
    →このページからは離脱してしまう可能性が高い
    ・・・一般キーワード検索ユーザー:内容がわかりやすく、興味をひきやすい。
    アクションに繋がりやすい
  • 配信ページB:ホームページ
    ・・・屋号キーワード検索ユーザー:必要な情報を探すことができ、より興味を持ちやすい
    アクションに繋がりやすい
    ・・・一般キーワード検索ユーザー:情報量の多さに戸惑いやすい
    →このページからは離脱してしまう可能性が高い

今後の配信

配信内容に応じて、以下のキーワードに合わせてリンク先を変更しました。

  • 屋号キーワード:公式サイト
  • 一般キーワード:専用ページ

上記配信で、ターゲットユーザーの認知度に合わせたリンク先に誘導し、さらに効率良い成果獲得を狙います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
リンク先ページによって結果が異なるのは良くあることですので、ユーザー層を想定し、最適なリンク先設定をするのは非常に大事ですね。
最適なユーザーに最適な広告を出す、そのための想定と分析を行えば、効率の良い広告配信が実現すると思います。

以上、黒川でした。

 



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ