リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Lisketダッシュボードに追加されたパネルテンプレートの熱を伝えたい


先日、弊社が開発するリスティング広告運用支援ツールLisketのダッシュボードという機能に新しいパネルテンプレートが9つ追加されました。

この機能は個人的に熱望して開発を進めてもらった機能で、リスティング広告に関わる方の作業時間を確実に減らせると思っていますし、僕が興奮していますし、ぜひ活用をしていただきたいので、どういうことができるのかという部分を実際に説明しながら熱を伝えられればと思っています!

運用者のこんな悩みを解決します

さて、リスティング広告の運用に関わっている方は下記のようなことでお悩みではないでしょうか?

  • 急にパフォーマンスが悪化したが、どこが原因なのかを調べるのに時間がかかる・・・
  • 運用所感(レポート)を作成するときに、それに貼り付けるための色々な切り口のデータを集計して表にするのに時間がかかる・・・
  • 打ち合わせ中、お客さまから急に「デバイス別のクリック率をYahoo!とGoogleそれぞれで教えて!」と言われて急に出せなくて困る・・・

お任せください。このような悩みをダッシュボードの新パネルテンプレートが解決します!

ダッシュボードの新パネルテンプレートとは?

Lisketのダッシュボードは、Yahoo!、Google、Facebookなどの媒体間のデータをLisketの画面一つで統合的に見れる機能です。要はいちいち各管理画面を見に行かなくても、設定さえしておけば一つの画面で各媒体のデータを見ることができます。

今までは予算管理、キャンペーンサマリという2つのパネルテンプレートの提供でしたが、今回の新パネルテンプレート追加で、いろんな切り口でデータを見るためのパネルテンプレートを9つ追加しております。

具体的には下記のようなパネルテンプレートです。

  • 月別
  • 日別
  • 曜日別
  • エリア別
  • デバイス別
  • キャンペーン別
  • 広告グループ別
  • キーワード別
  • 広告別

このような切り口のデータが全媒体一瞬でまとめて取得でき、もちろん期間を変えて取得することもできます!・・・と言ってもなかなか熱が伝わりにくいと思うので、さっそく実際の画面を見てご説明いたします。

急にアカウントのパフォーマンスが悪化して原因を調べたいとき

上述したように、特に大きな変更を加えていないのに何故かパフォーマンスが悪化して改善のために原因を突き止めないといけない・・・でも管理画面でキャンペーンのパフォーマンスを見るだけでは改善ポイントが見つからない・・・なんてことよくありますよね?

そんなとき、通常であれば媒体管理画面を各々見に行って、デバイスで分割してみて、エリアで分割してみて、はたまた曜日で分割したり、キーワードで分割したりして、原因を探ることになるかと思います。

ですが、新パネルテンプレートを使うとそれが一瞬でできます。例えば、まずはデバイス別で原因を探ろう!と思ったとき

あらかじめ設定さえしておけば、上図の赤枠「デバイス別」をぽちっとおすだけで

このようなデバイス別のデータが一瞬で取得できます!

さらに

このように期間の選択もできるので、前月データ、前々月データなども一瞬で出すことができます

分かる方には分かっていただけると思いますが、例えばひと月のデバイス別データを媒体毎に上記のように手動でまとめようと思うと、期間指定してデータを分割してというのを媒体分繰り返す必要があります。さらにYDNは分割という機能がないため、いちいちレポート生成をして1-2分待ってデータを出す必要があります。その上でやっと各媒体のデータを並べて確認することができますが、ここまでに早くとも10-15分程度はかかると思います。

しかも、それを3ヶ月に渡って調べたい場合、上記の作業を3回繰り返すことになりますので、20-30分はざらにかかったりしますよね。(ダウンロードしたCSVが大量になってよく分からなくなっちゃいますし)

それがLisketの新テンプレートを使えば、一瞬データを確認できます。

曜日だとこんな感じですね!

 

まずはデバイス別でみてみよう!当月・・・前月・・・前々月・・・あまり変わりがないな、じゃあ次は曜日別・・・違うな・・・エリアで見てみよう・・・あ!急に東京都のクリックが減っていた!ここを元に戻すような設定をすればよさそうだ!

なんてことが短時間でできるようになりますね!やばいですね!

運用所感(レポート)にも使える!

運用所感を書くとき、一番時間がかかるのは実際に文章を書いてるときではなくて、管理画面からデータ収集してそれをエクセルなどにまとめている時ではないでしょうか?

実際に僕も所感を書きますが、運用所感を書き上げる時間のうち80-90%程度はデータを集めてまとめている時間です。上記のように色々な切り口のデータを数か月にわたり瞬時に集計できると、相当な時間を短縮することができます。興奮しますね!

さらに、勘の良い方はもうすでにお気づきかもしれませんが、上記のように出したデータをそのまま運用所感にペタっと貼り付けることができます。

こんな形式のレポートを書く方も多いかと思いますが、ダッシュボードで出した数値をこのように貼り付けることができますのでここも時短ができるポイントです。熱いですね!

キャプチャで貼り付けてもよいですし、エクセルにもデータとして貼り付けられますので、エクセルに貼り付けて細かい加工を加えてパワーポイントに貼り付け、ということもできます。

※注意:データとして、パワーポイントには直接貼り付けられませんので、一度エクセルに貼っていただいてからそれをパワーポイントに貼り付けてください

YDNのデータ集計にも当然活躍

YDNはキャンペーン単位ですら、前月より前は管理画面でレポート生成しなきゃいけないので、めんどうですよね。キャンペーン別のパネルを使えば、自由自在に過去のデータが簡単に集計できます。

これで、YDNのレポートを生成して待つのを繰り返すこともなくせますね!

設定方法について

Lisketダッシュボードの設定方法については下記ページをご覧ください。

http://support.lisket.jp/223/

耳寄り情報

実は10/31の新パネルテンプレートのリリースに伴い、ダッシュボードの2週間無料お試しを全ユーザーさまに復活というキャンペーンを行っております。

Lisketでは新規でご登録いただいたユーザーさまは全機能2週間無料でご利用いただけるのですが、ダッシュボードの2週間無料利用が終了してしまっている方もいるかと思います。そこで、便利になったダッシュボードを使っていただくべく、2週間無料利用をすでに終了してしまった方に対して2週間無料利用を復活し、再度2週間利用できるようになっております!

ぜひ、この機会にまたお試しいただければと思います。

まとめ

この機能はパッと見るだけでは、フーンという感じで終わってしまう機能かもしれませんが、実はこういったデータを見るために、リスティング広告に関わる方は毎日とんでもない時間を使っています。

こういったデータ集めはただの作業なので、できるだけ時間を短縮し、そのデータを見て考えることに時間を使っていただければ、リスティング広告の効果もより出やすくなってくるかと思います。

本記事でこの機能の熱が伝われば幸いです!

 




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ