リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【事例紹介】LPってやっぱり大事だよね


皆さんこんにちは。

人は見た目が9割だとか100%だとか言われておりますが、ネットの世界においてもあながち間違っていないのではないでしょうか。

今日はそんな内容の簡単な事例紹介です。

LPリニューアル

今回の案件商材は「単品通販」になります。約1年ほど同じLPをリンク先として配信しておりましたが、クライアント様が新しいLPを作成したとのことで、広告のリンク先も変更することになりました。

LP変更後、配信結果

以下はLP変更前後1ヶ月の結果です。

コンバージョン率が大きく向上し、コンバージョン数が増加しました。
クリック率や検索語句に極端な変化は見られなかったため、変更前後で流入ユーザーの変化はほぼなかったと考えられます。LPの影響力、偉大です。

どんなふうに変わったの?

実際のサイトを載せることはできないので、大まかな作りを図にして紹介します。

★Before

よくある2カラムレイアウトのサイトですね。
上部にはサイト内の他のページへのリンクが並び、左の列には他のサービスへのリンクやその他コンテンツが並んでいます。
サービスについての情報は主に文章で紹介されており、特徴や優れている点が伝わりにくいように思います。また申し訳程度に貼られている画像は解像度が低いのか少しぼやけていて、全体的に古いサイトなのかな、という印象を受けました。

スマホへの最適化はされていましたが、レイアウトのみで、サービスの紹介はそのまま縮小しただけでした。

★After

いわゆる1枚型のLPになりました。
ファーストビューに、サービスの概要や値段が画像とともにまとめて記載されています。余分なリンクがないのでユーザーは迷うことなくお問い合わせできそうです。
サービスの特徴もポイントごとに端的な文章と画像・図・グラフでパッと見ただけで伝わりやすいデザインです。人物の画像や可愛いイラストが増え、親しみやすい印象になりました。

1枚縦長のLPになったことでスマホでも見やすく伝わりやすくなったと思います。

まとめ

今回の案件ではスマホからの流入が圧倒的に多かったので、この変更がより効果的に影響したのではないでしょうか。明るくポップなデザインも、ターゲットとしている女性との相性が良かったのではと思います。また、商材が単品サービスだったので1枚型LPが適していましたが、複数サービスを扱っている場合はまた違ってくるかもしれません。

結局サイトのデザインが…というわけではありませんが、例え見込みの高いユーザーがサイトにやってきても商品の良さがよくわからない、お問い合わせフォームが見つけられない、作りが雑で商材や会社の印象まで悪くなってしまう、なんてことになったらもったいないですよね。

LPの改修には時間や費用がかかってきますが、余裕があれば見直してみて、最適なLPを追求していくのも面白いかもしれませんね。

 




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ