リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【事例紹介】シニア向けサービスはYahoo!配信が好ましい?


みなさん、こんにちは。
今回はシニア向けサービスの配信事例についての紹介となります。

シニアの方々のスマホ保有率も高まってきて、シニア層のネット接触頻度もどんどん高くなっているようですね。
65歳になる私の両親も昨年末スマホに切替えて、慣れない操作と老眼で四苦八苦しながらも、スマホでネットを見ております。
最近は電車の中を見回すと50歳以上と思われる方でも、ほぼスマホいじってますね。

では、そんなシニアの方をターゲットに広告配信するとどういった傾向があるのでしょうか。
一般的にはYahoo!の方がシニアとの親和性があると言われますが、実際に配信した結果を元に検証してみたいと思います。

50歳以上のシニア層向け会員サービス

今回紹介する案件は、50歳以上を対象とした会員に向けてイベントを紹介するサービスで、期待する成果は会員獲得となります。
配信媒体はGDNとYDNで、まず初月配信した結果はこちらです。

クリック数 CPC 平均掲載順位 CV数 CVR CPA ご利用金額
YDN 1,138 ¥44 1.6 15 1.32% ¥3,320 ¥49,803
GDN 1,296 ¥37 1.2 8 0.62% ¥5,978 ¥47,826

特に予算や入札に差を付けず配信しましたが、獲得できた成果はYDNの方が多い結果となりました。商材にもよるとは思いますが、今回のようなBtoC向けのサービスでは、やはりYahoo!の方が親和性が高いということでしょうか。
獲得クリックに媒体による差はないので、クリックするユーザーにどんな差があるのでしょうか。

性別、年齢、デバイス、掲載先サイトでそれぞれ比較してみました。

性別比較

性別によって獲得しているクリックと成果に差はあるのでしょうか。

 性別 YDN GDN
クリック数 CV数 CVR クリック数 CV数 CVR
男性 668 9 1.3% 828 5 0.6%
女性 470 6 1.3% 389 3 0.8%
不明 0 0 0.0% 79 0 0.0%
合計 1,138 15 1.3% 1,296 8 0.6%

性別による獲得クリックの分布に大きな差はなく、CVの獲得率についても性別による偏りはないようです。

年齢別比較

媒体によって年齢層のセグメントが異なるので、YDNは45歳以上、GDNは50歳以上に配信しており完全に一致させた比較はできないですが、年齢層による差はあるのでしょうか。

 年齢別 YDN GDN
クリック数 CV数 CVR クリック数 CV数 CVR
Y:50~59歳
G:45~54歳
709 5 0.7% 419 4 1.0%
Y:60~69歳
G:55~64歳
336 8 2.4% 495 3 0.6%
Y:70歳~
G:65歳~
93 2 2.2% 382 1 0.3%
合計 1,138 15 1.3% 1,296 8 0.6%

YDNは配信年齢の中でも比較的若い層のクリック獲得が多く、GDNについては比較的まんべんなくクリックを獲得していますが、CVの獲得率はYDNでは60代以上、GDNでは60歳以下が高い傾向のようです。
より高齢層からの成果を期待するのであれば、YDNの方が断然効率が良さそうですね。

年齢層については、クリックを獲得しやすい年代とCV獲得しやすい年代には媒体によって差があるのかもしれません。このあたりはデバイスと年齢との掛け合わせによって変わってくるかと思いますが、今回は割愛します。

デバイス別比較

続いて、デバイス別で比較してみます。

 デバイス別 YDN GDN
クリック数 CV数 CVR クリック数 CV数 CVR
PC 426 8 1.9% 383 1 0.3%
TB 116 2 1.7% 284 3 1.1%
SP 596 5 0.8% 629 4 0.6%
合計 1,138 15 1.3% 1,296 8 0.6%

クリックの獲得はデバイスによる分布はそこまで大きく変わらない感じですが、CVの獲得率は媒体によって異なっています。
YDNよりGDNの方がデバイスによるCVが獲得率の差が大きく、GDNのスマホ、PCからはCV獲得しづらい傾向にあります。

こちらも単純にGDNのスマホ・PCがダメと言うわけではなく、掲載先サイトの精査が必要など、他の要因による最適化の余地が残されているという事だと思いますが、現状のターゲティングではYDNの方がCV獲得しやすいと言えそうですね。

掲載先サイト別比較

最後にCVを獲得している掲載先サイトの違いを見てみたいと思います。

掲載先サイト YDN
クリック数 CV数 CVR
ヤフーニュース 72 4 5.6%
ヤフー天気 97 3 3.1%
ヤフー知恵袋 8 1 12.5%
ヤフーメール 94 2 2.1%
ヤフーヘッドライン 137 1 0.7%
ヤフー映像トピックス 12 1 8.3%
テキストリーム 16 1 6.3%
NAVER まとめ 145 1 0.7%
その他 557 1 0.2%
合計 1,138 15 1.3%
掲載先サイト GDN
クリック数 CV数 CVR
Youtube 439 4 0.9%
ライブドア 6 2 33.3%
モバイルアプリ 181 1 0.6%
その他 670 1 0.1%
合計 1296 8 0.6%

CV獲得しているサイトを見ると、Yahoo!JAPAN内のサービス利用時のクリックからの成果比率が高くなっているようですね。
それぞれのYahoo!サービスにおけるCV獲得率が平均値より高く、やはり今回の商材はYahoo!との親和性が高いと考えられますね。

YDN、GDNそれぞれでCVに繋がらなさそうなクリックを除外していくことで、どちらも改善の余地は大いにありますが、YDNに絞って最適化をはかったほうが手っ取り早そうですね。

YDNの配信ボリュームの増やしてみた

プレースメント除外登録と予算配分をYDNに寄せて、翌月の配信をしました。結果は下記です。

クリック数 CPC 平均掲載順位 CV数 CVR CPA ご利用金額
YDN 1,421 ¥50 1.4 32 2.25% ¥2,216 ¥70,913
GDN 397 ¥39 1.3 2 0.50% ¥7,785 ¥15,569
合計 1,818 ¥48 1.4 34 1.87% ¥2,544 ¥86,482

YDNにおいてCV数は2倍、CPAも3割程度抑えることもできたので、全体としては1.5倍のCV獲得ができております。
やはり、今回の商材についてはYDNの方が獲得効率が高いようですね。

まとめ

シニアの方もネット接触頻度は高くなったとはいえ、やはりネットリテラシーが高いわけではなく
とりあえずYahoo!を開いて、検索するなりニュースなどの情報を見たりといった行動をする方が多く、BtoC向けの一般的な商材であれば、Yahoo!JAPAN内での広告表示に対してアクション起こしやすいのかもしれませんね。

また余談ですが、広告主様にお話を伺うと電話での問い合わせからの会員登録も多いようで、フォーム入力よりとりあえず電話してみるという行動もシニアには多いのかもしれません。

一概にシニア向けはYahoo!がいいとは言い切れないと思いますが、商材によっては明確に高い親和性を示すものがありそうですね。

 



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ