リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Yahoo!リスティング】広告文でCVRに変化があるか?


運用者の皆様、日々の運用、お疲れ様です。
師走ということで忙しい時期ではありますが、皆様、お身体には気をつけて、ご自愛くださいね。

さて、今回は広告文のABテストときに起こった事例をご紹介します。

前提

  • 商材:中古車両の販売
  • 商圏:全国
  • 媒体:Yahoo!スポンサードサーチ
  • 配信デバイス:PC・タブレット・スマートフォン
  • 実施した施策:広告文の追加(同一URL)

運用結果

%e5%87%a6%e7%90%86%e6%b8%88%ef%bd%9e02

10月から11月にかけて、CVが大幅に減少しています。
様々な指標を比べて見ましたが、特に要因は見つかりませんでした。

実施した施策は広告文を追加しただけです。
URLも変更していません。

広告文に何があったのか?

なぜこのような結果になったのか、広告文のデータを集計してみました。

以下、完全一致キーワードの広告文比較です。

03
広告文Bは、11月に追加しています。

上記を見ると、広告文Bは広告文Aと比較して、CVRが悪化しているように思えます。
最もCVの取れていた広告文Aのクリック数が減少したことで、全体のCVを押し下げていたようです。

このことから、広告文によって、CVRが如実に変わっていたことがわかります。
訴求軸によって、誘導するユーザーの質が変わったのではないかと思われます。

まとめ

如何でしたでしょうか。
個人的には、広告文はクリック率に主に影響すると思っています。
ですが、今回のように、流入するユーザーの質が変わることで、CVRにも影響を及ぼすことがあります。

広告文作成の際には、ユーザー属性を考慮して作成する必要がありますね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック