リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

危機感をもたせる広告文がささった話(考察編1)

cartoon-germ-virus-1392293492bc3

突然ですが。
あなたは、アノ重大なニュースを知っていますか?
知らない方は…気をつけたほうがいいかもしれません…。





…ついに、インフルエンザが出始めたようです。怖いですよね。
大学生の頃は4年間のうち3年連続でかかりました、住田です。

さて、冒頭の文章を見た時、あなたは何を感じましたか?少しでも「何のことだろう?」と心配になったりしましたか?

今回は、危機感をもたせる広告文がユーザーにささった事例を紹介します。

アカウント概要を見てみます

簡単にですが、下記にアカウントの概要を記載します。

  • 商材:保険加入におけるアドバイス資料
  • 配信媒体:Google検索
  • 成果ポイント:資料ダウンロード
  • 要望:資料ダウンロードユーザーの増加

保険加入ユーザーを増やす配信はまだ行っておらず、まずは資料をダウンロードするユーザーを増やすことを、配信の目的としています。

また、キーワードの配信内容を以下に記載します。ターゲットを二軸に分け、以下キーワード構成で配信を行っています。

  • 保険加入について調べているキーワード(以下、「比較調査」系)
    「保険×注意点」、「保険の選び方」etc...
  • 保険加入を検討しているキーワード(以下、「保険加入」系)
    「保険×加入」、「保険×料金」etc...

配信結果を見てみます

配信開始後1ヶ月の結果を以下に記載します。

%e9%85%8d%e4%bf%a1%e7%b5%90%e6%9e%9c_05
クリック率も高く、コンバージョンもまずまず獲得できました。
配信結果について、今後につなげられる良い点はないか、キーワードと広告文を調査してみました。

掘り下げて見てみます

キーワード

アカウント概要に記載した通りのキーワードで配信を行いました。
検索クエリから、各キーワードで狙い通りのユーザーを集めることが出来ています。

◆「比較調査」系キーワードの検索クエリ

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%aa_%e9%a1%95%e5%9c%a8

◆「保険加入」系キーワードの検索クエリ

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%aa_%e6%bd%9c%e5%9c%a8

キーワード別に見ると、「比較調査」系のキーワードより、「保険加入」系のキーワードで多くのコンバージョンを獲得出来ています。

一見、「比較調査」系のように、”保険加入について悩んでいて、資料等を探しているユーザー”が今回の配信のメインのターゲットかと思いますが、保険の加入に対するモチベーションは「保険加入」系のユーザーの方が高いため、この結果は当然と言っても良いでしょう。

広告文

より多くコンバージョンを獲得できた「保険加入」系ユーザーの成果を更に見てみると…?
今回の配信では、広告文ごとの成果に面白い数値が見られました。キラン。

広告文の配信内容を見てみます

広告文は以下の2パターンで配信を行っております。

  • パターンA:危機感もたせパターン

タイトル1:心配ですよね?保険加入
タイトル2:保険加入に不安を感じる方へ忠告
説明文:知って損ナシ、保険加入時の落とし穴。保険加入のアドバイス集、資料請求はこちら。

  • パターンB:基本パターン

タイトル1:保険加入のアドバイス集
タイトル2:保険のプロが伝授、7つの注意点
説明文:無料アドバイス集で、注意点を教えます。資料内容の満足度90%。資料請求はこちら。

「保険加入」系ユーザーに対する、広告文ごとの配信結果が以下となります。%e9%85%8d%e4%bf%a1%e7%b5%90%e6%9e%9c_%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%96%87_04

クリック率はBの基本パターンの方が良いですが、コンバージョンはAで多く獲得することが出来ています。コンバージョン単価も低くて良いですね。

しかし、なぜこのような差が出たのでしょうか?

考察をしてみます

”危機感をもたせる広告文”が、多くのユーザーにささった要因として、ユーザーのモチベーションと広告の与えたイメージがうまく連動したのではないかと考えています。

  • 「保険加入」系のユーザー傾向

この系統のユーザーは、「保険×加入、料金・・」など、「保険加入に意欲的」なユーザーが大多数です。加入前にしっかり情報収集を行うユーザーも多かったと予想されます。

そんな彼らに”危機感をもたせる広告文”は非常に強い興味・関心を抱かせることができたと考えられます。

クエリにこそ「アドバイス」「注意点」等のキーワードは現れませんが、心の中に不安をもっているユーザーは多かったのかもしれません。
また、もしかしたらこの広告文が、「情報収集をしたほうが良いかも」という想いを芽生えさせるきっかけになった可能性もありますね。

LP流入後も、「心配だから資料ダウンロードしておこう」という流れになり、今回の結果に至ったのだと思います。

  • 結論

上記の考察から、結果、ユーザーの保険加入に対するモチベーションの高低が、広告の与えたイメージと連動し、行動の差に出たのではないかと考えています。
つまり、危機感をもたせる広告文は、モチベーションが高いユーザーに対して行動に一考の余地を与え、資料ダウンロードにつなげることが出来たのだと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

不安を抱えるユーザーに与える広告のイメージというのは、かなり重要であると言うことを感じていただけたら嬉しいです。
表には現れてこないユーザーの気持ちまで考えて、アプローチすることが出来たら良いですね。

次は「比較調査」系のユーザーに、広告文の訴求を変えたアプローチも行いたいと思います。
そちらの結果は、実施しましたら改めてご紹介いたします。

 



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック