リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

検索広告を別媒体ではじめるなら『アカウントCSV相互変換』がオススメ!【リスティング広告】

lisket

弊社運営サービスLisketは、リスティング広告の運用を初期のアカウント構築からレポーティングまでワンストップで対応できるトータル支援ツールになります。
今回は、Lisketの機能の中から『アカウントCSV相互変換』をご紹介します。

通常、Yahoo!スポンサードサーチとGoogleAdWords両媒体でアカウント構築するときは、各媒体用のCSVをそれぞれ作成する必要がありますよね?

今回紹介する『アカウントCSV相互変換』を使えば、Yahoo!スポンサードサーチとGoogleAdWordsのどちらかのCSVを作成すれば、一発変換で別媒体用のCSVが生成できるのでアカウント構築に掛かる時間が大きく短縮できますよ!!

 

『アカウントCSV相互変換』の使い方

『アカウントCSV相互変換』には3つの機能があります。

「Yahoo!スポンサードサーチ」 から 「GoogleAdWords」 へ変換

33356_01
Yahoo!スポンサードサーチのCSVを選択して変換します。

オプション機能として「スマートフォン入札調整率」や「対象外キーワード(除外キーワード)の登録」「キャンペーンのオフ設定」が可能です。

また、「広告を空にする」にチェックを入れるとキーワードのみのCSVが作成されます。
こちらはGoogleAdWordsの拡張テキスト広告にYahoo!スポンサードサーチのテキスト広告が未対応のため、広告文の生成を生成しない機能となります。

「Google AdWords用に変換」の右側にある「▽」をクリックするとMac版AdWords Editorに対応した文字コードのCSVを作成します。

 

「GoogleAdWords」 から 「Yahoo!スポンサードサーチ」 へ変換

33356_03
GoogleAdWordsのCSVを選択して変換します。

オプション機能に関しては「GoogleAdWordsへの変換」と同じ機能の他に、「キャンペーンの開始日」「広告名の命名規則」といったGoogleAdWordsにはないYahoo!スポンサードサーチ用CSVの必須項目に関する設定が行えます。

 

Yahoo! SSコンポーネントIDを転写

33356_02

Yahoo!スポンサードサーチの既存CSVから新しいCSVへとコンポーネントIDを転写します。

Yahoo!スポンサードサーチのCSVにはキャンペーンをはじめ、広告グループ・キーワード・広告それぞれにコンポーネントIDが割り当てられます。
既存のキャンペーン・広告グループに追加を行う場合、コンポーネントIDも既存のIDを記載しなければ入稿エラーや新規追加扱いとなりますが、転写機能を使えば名称から判断をして既存CSVのコンポーネントIDを新しいCSVに転写します。

 

入札価格や除外キーワードをそのまま移行できるのが魅力!

Yahoo!スポンサードサーチ・GoogleAdWordsどちらかの媒体で運用を開始し、最適化が進んだところで新たな施策として、もう一方の媒体で配信を開始するといったことはありませんか?

通常、新規構築をすると再び最適化の為に時間と労力が必要となりますが、相互変換機能を使えば入札価格や除外キーワードもそのまま新媒体に移行できますので、最適化が進んだ状態で運用を始めることができます。

 

まとめ

冒頭にも記載しましたが『アカウントCSV相互変換』はYahoo!スポンサードサーチ・GoogleAdWordsのCSVを別々に作っている方であれば、単純に作業時間が半分になるので両媒体でのアカウント構築を考えている方には是非使っていただきたい機能です!

『アカウントCSV相互変換』は通常有料のツールとなりますが、新規無料ユーザー登録の方なら他の有料ツールも含む全ての機能を2週間無料でお試しいただけますので、Yahoo!・Google両媒体でのアカウント構築をお考えの方は是非使ってみてください。

 

bnr-lisket

 



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック