リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Adwords】クエリを使った分析の事例


運用者の皆さま、日々の運用、お疲れ様です。

今回はクエリ分析について、少し掘り下げて行ってみようかと思います。

前提

  • 業種:住宅関連
  • CV:メールのみ
  • エリア:関東

CV計測はメールのみですが、電話件数が多い(7割が電話)ため、最終的なCVは電話・メールの実測値で判断しています。
今回はこのような、電話件数が多いアカウントをどう分析するのが良いか、考えてみました。

CV数を確認してみる

a01_b配信全期間のクエリデータより、クリック数の多いものをチョイスして集計してみました。
上記のクエリは、主軸となるKWをピックアップしています。

クエリ1は商材そのものを指す語句のため、クエリ2、クエリ3との掛け合わせでも登場しています。
そのため、CVは最も多くなっています。

パッと見て気になるのは、クエリ14のCPAが非常に割高ということですね。
このクエリは除外候補ですね。

期間ごとに比較してみる

a02
a03

掛け合わせKWに当たる、クエリ2とクエリ3の月別推移を算出してみました。

10月~2月にかけて、クリック数・CVが盛り上がる傾向が見て取れますね。
この商材は季節性に左右されるということが分かります。

シーズンに合わせて、これらのクエリのクリック数を増加させることで、お問合せ件数の増加が期待できそうです。

実際のお問合せ状況を確認してみる

a04

メールだけでなく、電話の問い合わせも含めた、実際のCV推移です。
クエリの変動と同様に、10月~2月までがCVの盛り上がる時期になっています。
このことから、主要クエリのクリック数を確保できれば、お問合せ数も一定数確保できると言えそうです。

まとめ

如何でしたでしょうか。
特に、電話問い合わせの多いアカウント等は、期間ごとのクエリの推移を把握することで、お問合せ件数の増加が期待できます。

皆さまも上記、ご一考いただければ幸いです。

 




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ