リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Adwords Editor11.3.2へバージョンアップ


皆さんこんにちは、谷澤です。

日々使いやすく、便利に改善されていくAdwords Editorにて、先日新たにバージョン11.3.2がリリースされました。

  1. 動画キャンペーンの作成・編集が可能に
  2. コールアウト表示オプションの作成・編集が可能に
  3. サイトカテゴリオプションが設定可能に

今回は上記の変更点について簡単に紹介したいと思います。

動画キャンペーンの作成・編集が可能に

今まで管理画面上でせっせと作成していたTrueView動画広告のキャンペーンがEditor上でも作成できるようになりました。

作成方法

キャンペーンの設定

動画広告用のキャンペーンを作成します。

01キャンペンタイプ

  • 新たにキャンペーンを作成
  • キャンペーンタイプより『動画』を選択

02動画設定

  • [動画設定]タブにてネットワークを選択

    □YouTube検索
    →YouTubeの検索結果ページに動画広告を掲載
    (※インディスプレイ広告のみ)
    □YouTube動画
    →YouTubeのホームページ、動画再生ページ、チャンネルページに動画広告を掲載
    (※インストリーム広告・インディスプレイ広告)
    □動画パートナーを含める
    →Googleディスプレイ ネットワークのサイトやアプリにも動画広告を掲載
    (※インストリーム広告・インディスプレイ広告)

その他、通常のキャンペーンと同様に予算などを設定したら、動画広告のためのキャンペーン設定は完了です。

広告グループの設定

先ほど作成した動画キャンペーンに広告グループを作成します。

03広告グループ

  • 新たに広告グループを作成
  • 広告グループのタイプを選択(※インストリームかインディスプレイ広告のどちらか)

上限クリック単価などを設定したら、広告グループの設定は完了です。

動画広告の設定

先ほど作成した広告グループに動画広告を設定します。

04広告設定

  • 左にあるパネルからTrueViewインストリーム広告orインディスプレイ広告を選択
    ※広告グループのタイプに一致した広告を選択します

以上で、TrueView動画広告のキャンペーン設定は完了です。
必要に応じてターゲティング設定も追加し、最後に『送信』をポチッとクリックしてアカウントに反映させれば、広告を配信することができます。

コールアウト表示オプションの作成・編集が可能に

サイトリンク、電話番号表示オプションに引き続き、コールアウト表示オプションの作成も可能になりました。

作成方法

作成方法はサイトリンク、電話番号表示オプションと同様です。

05コールアウト

  • 共有ライブラリより、共有のコールアウト表示オプションを追加

06コールアウト2

  • キャンペーンに戻り、コールアウト表示オプションの追加
  • 追加したいコールアウトを選択し、[OK]

最後に『送信』をポチッとクリックしてアカウントに反映させれば、コールアウト表示オプションの設定が完了です。審査通り次第、広告に表示されます。

サイトカテゴリオプションが設定可能に

ディスプレイキャンペーンの除外設定にあるサイトカテゴリオプションがEditor上でも設定可能になりました。Editor上では名称が『コンテンツの除外』となっています。

09

  • 選択したキャンペーンの編集より、コンテンツの除外
  • 除外したいカテゴリを選択し、[OK]

まとめ

Editorだと、違う広告グループでもターゲティングは同じ、と言った場合にコピペすることができるので1つずつ設定する手間を省くことができます。

また、今まで管理画面上でしか設定できなかったこともEditor上でどんどん設定できるようになり、Editorと管理画面を行ったり来たりする必要もなくなってきましたね。

次々とバージョンアップされるありがたみを感じながらEditorも便利に使いこなしていきましょう。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ