リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ディスプレイ広告経由のユーザーにリマーケティングを配信してみた件


最近リマーケティングリストの精度を高めることに夢中の岩佐です。

コンテンツ・トピック・インタレスト配信とリマーケティング配信を組み合わせて認知拡大⇒CV獲得を狙う場合もままあるかと思います。
この際に気をつけなくてはいけないのが、ディスプレイ広告では総じてモチベーションが低いユーザーが集まりやすいため、適切に切り分けをしないとユーザーリストの精度が下がってしまう可能性があります。

そこで今回はGoogleタグマネージャーを利用して、ディスプレイ広告経由のユーザーにリマーケティングを配信する方法をご紹介します。

Googleタグマネージャーで設定してみる

URLにパラメータを付与することで、ディスプレイ広告経由のユーザーを切り分けます。
今回はGoogleタグマネージャーで設定してみました。

①変数の作成

デフォルトでは「http://quartet-communications.com/?●●」等、「?」以下のパラメータを識別出来ません。
そのため、以下の通り、変数を新たに作成します。

「ユーザー定義変数」⇒「新規」を選択
「種類を選択」で「URL」を選択
「変数を設定」で「要素タイプ」を「クエリ」に設定

a


 

 

②トリガーを作成

「イベントを選択」⇒「ページビュー」
「トリガーを選択」⇒「ページビュー」
「配信するタイミング」⇒「URLクエリ」「含む」「指定したいパラメータを記載」
※今回はパラメータに「utm_source=GDN」と記載しています。

b

 

 

 

AdWordsでリマーケティングリストを作成する

①新たにリマーケティングタグを発行する

「共有ライブラリ」⇒ユーザーリスト⇒新しいリマーケティングリスト
「リストに追加するユーザー」⇒「+新しいタグ」を選択

処理済~c

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定のタグが設定されたページを訪問したユーザー」を選択

d

 

 

 

 

 

②リマーケティングタグをGoogleタグマネージャーで設定する

後はこのリマーケティングタグを先程作成したトリガーに指定すればOKです。

e

 

 

 

 

 

実際に配信してみた

上記設定にて、実際に配信してみました。

f

 

 

やはり、ディスプレイ経由のリマーケティングはCPAが割高でCVRも低い傾向にありますね。
これをさらに分析するとディスプレイ経由のリマーケティングのみ、CPAの悪いスマホに偏った配信となっていることが分かりました。

このように改善ポイントを抽出、施策へと繋げていければと良いですね。

まとめ

如何でしょうか?
単純にディスプレイ広告経由のユーザーを切り分けましたが、
パラメータの工夫次第でGoogleAnalyticsでも計測することが可能です。

ユーザーリストを適切に設定して、効率的な運用を心がけていきたいですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック