リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【AdWords】品質スコアの改善例


日々の運用、お疲れ様です。

品質スコアが低い!FirstPageBidが高い!なぜだ!
と頭を悩ませているそこの貴方。

今回は品質スコアの改善事例をご紹介します。

とあるアカウントの品質スコアが低い件

とあるアカウントで品質スコアが悪化していました。
状況としては、以下の通りです。

・出稿KW:指名KW(商品名、屋号)
・アカウント乗り換え、再構築済
・広告文:タイトルにKWなし(商標に引っかかるため)
・LP:同一のものを使用

該当KWは指名KWです。
アカウント乗り換えにつき、キャンペーン構成を再構築してスタートしています。

しかし、広告文が商標に引っかかってしまい、広告文に指名KWを含めず配信せざるを得ませんでした。
(お客様の事情で商標申請の手続きが複雑となり、手続きが困難でした)

その結果、乗り換え前後で品質スコアが悪化してしまいました。

●品質スコア
乗り換え前 :7 ⇒ 乗り換え後:3

●FirstPageBid
乗り換え前 :36円 ⇒ 乗り換え後:147円

広告の関連性が平均より低く、FirstPageBidも5倍近く高くなっています。

また、完全一致のインプレッションシェアにも大きな差が出ていました。

●完全一致のインプレッションシェア
乗り換え前:55.94% ⇒ 乗り換え後:26.41%

改善してみた

改善策1:タイトルにKWを入れてみた

そもそもインプレッションが多いKWを、広告文のタイトルに入れていないのが問題であるため、
乗り換え前のアカウントに戻し(こちらは商標利用可)、タイトルにKWを加えて様子を見ました。

●品質スコア
広告文修正前(乗り換え後アカウント):3 ⇒ 広告文修正後(乗り換え前アカウント):7

●FirstPageBid
乗り換え前:36円 ⇒ 乗り換え直後:147円 ⇒ 広告文修正後(乗り換え後アカウント):96円

だいぶ改善されてきましたが、乗り換え前と比較するとまだまだ高いです。

「リンク先ページの利便性」も平均より低いですが、
こちらは乗り換え前も同様のため、ここまでFirstPageBidに差があるのは解せません。

あくまで想定ですが、品質スコアは10段階評価であるものの、同じスコアでも10,001と19,999くらいの差があったと考えています。

そこでLP改善は進めるとして、並行して運用上可能な施策を段階的に行ってみました。

改善策2:従来の広告文を追加してみた

乗り換え前の状況を再現するため、乗り換え前の広告文を追加しました。

改善策3:FirstPageBidまで入札価格を引き上げてみた

FirstPageBid以上まで入札価格を引き上げています。
これにより統計上優位なインプレッションを確保し、広告ランクの改善⇒品質改善を図りました。

結果

上記の施策の結果、結果として以下のように改善されています。

●品質スコア
乗り換え前:7 ⇒ 乗り換え後:3 ⇒ 施策後:7

●FirstPageBid
乗り換え前:36円 ⇒ 乗り換え直後:147円 ⇒ 施策①後:96円 ⇒ 施策後②③後:33円

運用結果の流れは以下の通りです。

a

 

 

 

 

CPCが低下していること、完全一致のインプレッションシェアが大幅に改善されていますね。

まとめ

如何でしょうか?

品質スコアが同一でも、ここまでFirstPageBidに差異があるケースは珍しかったのでご紹介しました。
行った施策は当たり前のものですが、順を追って施策を行うことで、どの施策が有効であったのかを見極めることが出来ます。

情報を整理して、分析・改善に繋げていくのは重要ですね。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ