リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

除外キーワード、見落とし易いルール

公開日:
更新日:

除外キーワードの登録は、運用において重要な作業の一つと言えます。
今回は、除外キーワードの設定について、見落としやすいポイントをお伝えします。

除外したが、流入があるケース

今回紹介する商材は英会話スクールとなります。
そのため、英語以外の、対象言語ではないキーワードをフレーズ一致除外しました。
(例えば、「イタリア」「フランス」「スペイン」)

こうすることで、「イタリア 会話」「スクール フランス語」といった、
別言語での学習を希望するユーザーの検索を省く狙いがありました。

しかしながら、以下のようなキーワードを拾ってしまいました。

AA

AdWords ヘルプ へ確認

AdWordsのヘルプに回答を仰いだところ、
システムとして不明瞭ながら、「フランス語」を別で除外する必要が有る、との返答でした。
(担当された方の認識では、通常のフレーズ一致等よりも、除外が厳しくなっている可能性も有)

推察にはなりますが、「語」をつけることで、単語として、別の意味を有するためではないかと思われます。

  • フランス= France
  • フランス語= French 

まとめ

上述の通り、除外キーワードの認識が、やや厳格な可能性があります。
付け加えることで別単語の意味を持つ単語には、注意が必要です。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

安富 健

この記事を書いた人

安富 健

広告運用歴10年以上。これまで様々なご予算感の運用改善を実施。
GAIQやSalesforceの資格も持つ。
自社マーケティング責任者。

趣味は写真と音楽。
音楽とゲームと映画とクッキーと神戸を愛する、アラサープレイヤーです。

同じカテゴリの最近の記事