リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

《AdWords》アトリビューション(サーチファンネル)を使ってリマケを最適化しよう


先日、AdWordsのサーチファンネルが「アトリビューション(検索ユーザーの行動経路)」にアップデートされましたね。

これまでサーチファンネルは奥まった場所にメニューがありましたが、今回のアップデートでメニューの位置が変わったので、今後使う機会も増えるのではないでしょうか?

今回は、アトリビューションで確認できるデータを使ったリマーケティング最適化をご紹介します。

アトリビューション(検索ユーザーの行動経路)の確認方法

1

上部メニューの『運用ツール』の「アトリビューション(検索ユーザーの行動経路)」をクリック

フリークエンシーキャップの最適化

2

フリークエンシーキャップは個々のユーザーに対して広告を表示する限度を設定する機能です。
アトリビューションでは「コンバージョンあたりの広告の表示回数」が確認できますので、フリークエンシーキャップを設定の際には、この数値を元に設定を行います。

例えば上記画面例の場合、4.63回となっていますので、それより数回追加した表示回数が最適だと考えられます。

ユーザーリストの収集期間の最適化

3

リマケのユーザーリストは収集期間を設定できます。
アトリビューションでは「コンバージョンまでの日数」が確認できますので、収集期間もこちらに日数を元に行います。

上記画面例では、8.53日となっていますので、更に数日追加した日数で区切ると効果的かと思います。

更に確度の高い日数を検証するには

4

左メニューの『期間』からより詳細なデータが確認できます。
『期間』では「最初のインプレッションから」の他に「最初のクリックから」と「最後のクリックから」のコンバージョンまでの期間を分析することが可能です。

広告をクリックをしたユーザーは、興味がある確度の高いユーザーと考えられるので、『期間』の中の「最初のクリックから」をクリックし、確度の高いユーザーのコンバージョン日数を検証します。

最初のクリックからコンバージョンまでの日数は4.06日となっていますので、先程のデータと併せて下記の施策が考えられます。

  • ユーザーリストの収集期間は8日前後
  • 4日以内のユーザーは確度が高いため入札を強化

まとめ

アトリビューションはアシストコンバージョンを検証することが主な機能かと思いますが、フリークエンシーやコンバージョン日数などリマーケティングの設定に役立つデータも確認できますので、ユーザー属性と合わせて使っていきたいですね。

個人的には、現状アカウント全体のデータでしか検証できないので、キャンペーン単位やディスプレイネットワークのみで検証できるようになることを期待しています。



無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ