リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

《YTM》Yahoo!タグマネージャーの使い方

catch

Googleタグマネージャーを使っている方は多いと思いますが、同様にYahoo!タグマネージャーを使おうとして使い方が分からないと思った方も多いのではないでしょうか?

案件によってYahoo!タグマネージャーしか使えない場合もあるかと思いますので、今回はYahoo!タグマネージャーの設定方法をご紹介します。

送信完了ページなどURLでタグを動作させる場合

①コンバージョンタグの設定

1ページ上部メニュー『サービスタグ管理』をクリックし「サービスタグを追加」をクリック。

2
使用したいサービスタグの中から使用したいタグ名をクリック。
今回はスポンサードサーチの「コンバージョン測定タグ」を選択します。

3
「サービス名」にはYahoo!タグマネージャー内で使用する名称を記入し、「コンバージョンID」「コンバージョンラベル」にはコンバージョンタグ内に記載されている内容を記入し、「サービスタグの作成」をクリック。

②動作条件となるページの設定

4
ページ上部メニュー『ページ管理』をクリックし「ページの追加」をクリック。

5
「ページ名」にはYahoo!タグマネージャー内で使用する名称を記入し、「URLパターン」にはコンバージョンを計測したいURLを記入し「保存」をクリック。

③タグと動作条件の紐付け

7
再度、ページ上部メニューの『サービスタグ管理』の中から登録したタグの詳細ページへ行き、左メニューの「ページの設定」をクリック。
登録したページが表示されているので「設定済み」に変更し、右上のステータスを「有効」に変更し設定完了です。

電話発信などクリックでタグを動作させる場合

クリックでタグを動作させるには、上記の手順に追加で設定を行います。
※クリック対象にID属性、またはclass属性が必要となります。

④イベントの登録

8
ページ上部メニュー『データ/イベント』をクリックし「イベントの追加」をクリック。

9
「イベント名」にはYahoo!タグマネージャー内で使用する名称を記入し「イベントの追加」をクリック。

10
ページ上部メニュー『ページ管理』から詳細ページへ行き、左メニューの「イベントバインディング」をクリック。

11
右上の「イベントバインディングを追加」をクリックし、表示された入力フォームに下記の内容を入力。

  • イベント:登録したイベント名を選択
  • トリガー:フォーム右の「トリガー一覧」より「click」を選択
  • エレメントセレクター:クリック対象のID属性または、class属性を入力

 

⑤イベントの設定

12
ページ上部メニュー『サービスタグ管理』よりタグの詳細ページへ行き、左メニューから「タグ実行条件」をクリックし「条件となるイベント」から設定したイベント名を選択します。
これでクリックでタグを動作させる設定は完了です。

タグの動作確認を行うには?

13
Googleタグマネージャーにはプレビューツールがありましたが、Yahoo!タグマネージャーにはその機能がないので、Chromeの拡張機能「タグインスペクター」を追加する必要があります。

まとめ

Googleタグマネージャーと比べると設定が複雑ですが、Yahoo!タグマネージャーでの設定が必要な場合もあるかと思いますので、参考になれば幸いです。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック