リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google AdWords】カスタムパラメータ機能を使って入稿してみよう

a

URLオプション機能が追加されました

みなさん、こんにちは。
ところで、(というか、いきなりですが)
Google AdWordsの新機能、「URLオプション」の存在にお気づきですか?
https://support.google.com/adwords/answer/6076199?ctx=tltp

B

とりあえず見たことはあっても「何コレ触るのこわい」と思った人もきっといるはず・・・。
そんな方に今回、カスタムパラメータの使い方をノブレス・オブリージュの精神でご紹介します(・ω・)/

※今回はトラッキングテンプレートには触れません。
サードパーティを噛ませる場合、こちらの設定が必要になりますのでご注意ください。

まずもって、パラメータとは?

URLの末尾につける、識別番号みたいなものです。
C

 

例えば上記の場合、「媒体はGoogleです」「cpcです(リスティング広告経由の流入です)」
といったことを表しています。

パラメータをつけると、どうなる?

メリットは主に2点あります。

まず1点目として、分析ツールで判別がつくようになります。
特にアナリティクスでは、「参照元/メディア」等にて確認することが可能です。
(Googleでは自動タグ設定をオンにすることで、「google / cpc 」と自動で割り振ってくれます)
a

例えばGoogleとYahoo!でそれぞれわけた場合、どちらの媒体での成果が良いか、
といったことを確認できるようになります。

2点目は、アナリティクスと連携していなくても、
それぞれの流入に対して簡単にリストを作成し、リマーケティング等に用いることができます。

例えば、「utm_source=Google&utm_medium=cpc」を経由したユーザーのみのリストを作りたい場合、あらかじめパラメータを設定しておくことで、簡単にリスト作成が可能です。

V

 カスタムパラメータを使ってみよう!

それでは本題です。
上で説明したパラメータですが、これまでは広告入稿時点で、URLにくっつけておく必要がありました。
それが、このシステムによって、あとからパラメータ変えたいなーと思ったときでも、広告審査を経由せずに気軽に変更が可能になりました。

※広告単位で変更する場合は審査対象です

ただし、あとから気軽に変えるためには、ある程度の準備が必要です。

 カスタムパラメータを使うための準備

以下、フローを説明します

1.設定したいパラメータを決める
※今回は「campaign」を設定します

2.変更したいパラメータをあとから変更できるように、手を加えたURLを作成

ちょっと分かりづらいんですが、こんな感じです↓

a

{_campaign}部分が本来であれば設定したいキャンペーン名を入れることになるんですが、
カスタムパラメータを使用する場合、予めこのような形式で入稿する必要があります。

3.入稿時、「最終ページURL」を選択

リンク先URLと設定してしまうと、カスタムパラメータは反映されませんので注意。

B

4.カスタムパラメータを設定!

ココでようやく、カスタムパラメータの設定です。
今回はキャンペーン単位での変更を想定しているので、
キャンペーン単位の設定を行います。

※広告グループ、広告単位でも設定は可能で、より詳細な単位が優先されます
V

すると、先程のリンク先URLに入れた「{_campaign}」部分が、
ここで設定した数値に変更されます!
(実際に広告をクリックしないとわからないので、理論上)

a

まとめ

カスタムパラメータを用いるメリットとしては、
パラメータを入れ替える際でも再審査に掛ける必要がないため、
ラグなく変更可能と謳われています。

個人的には、従来は、キャンペーン単位で入稿するURLを変更する必要があったものが、
パラメータを決めておけば、入稿後に任意で設定できるため、
入稿時の手間が減ることに加え、誤ったパラメータを設定するリスクが減るので、
随分使い勝手が良い機能だと思います。

めざせパラメータマスター(・ω・)/

 



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック