リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

<Yahoo!リスティング>PC配信で電話CVが多いアカウントの改善例


リスティング広告では、コンバージョンをメールで計測しているケースが多いと思います。
スマホ配信の場合は、電話コンバージョンも併用することもあるかもしれません。

では、PC主体の配信で、電話のお問い合わせが主体のアカウントでは、どのように運用していけば良いのでしょうか?

今回はPC配信かつ電話の多いアカウントを分析する方法をご紹介します。

クエリの増減を比較してみる

過去データより、軸となるクエリを抽出し、クリック数の増減を比較してみました。
抽出条件は、CVがあり、クリック数の多い順です。

その結果、以下のクエリの減少が著しいことが分かりました。

図1

01

 

 

「軸A」+「軸B」のクエリ、および「軸A」+「軸C」のクエリのクリック数が、10月~11月にかけて昨対比で減少していました。
そのため、上記クエリのクリック数を増やす施策を行いました。

結果として、12月は「軸A」+「軸B」は昨対14%減であったものの、「軸A」+「軸C」は昨対比-3%まで増加。
CVも昨対比10%減ではあるものの、前月比で1.7倍まで回復させることに成功しました。

この業界は競争過多でCPCが高騰しており、CPAも大幅に悪化していたため、抑制措置を取っていましたが、「電話がなる」クエリであったということになります。

Googleアナリティクスでキーワード別パフォーマンスを確認してみる

リンク先のパラメータに「utm_term」を付与する

Yahooでは、キーワード単位のパフォーマンスを確認するにはパラメータを付与する必要があります。
「utm_term」属性にキーワードを設定すると良いでしょう。

(例)
http://quartet-communications.com/?utm_source=Yahoo&utm_medium=cpc&utm_term=リスティン&utm_campaign=Yahoo

GoogleアナリティクスのカスタムセグメントでYahooの有料広告にデータを絞り込む

・セグメントの作成

「新しいセグメント」⇒「トラフィック」⇒「メディア」にcpcを含む、「参照元」にYahooを含むに設定等(上記のパラメータ例の場合)

図2

02

 

 

 

・キーワードのデータを閲覧

「集客」⇒「キャンペーン」⇒「検索広告のキーワード」を見てみます。

図3

処理済~03_b

 

 

 

こんな感じです。

セッション数が多いもので、極端に直帰率や滞在時間が悪いキーワードはニーズがずれている可能性があります。除外、抑制の候補ですね。

※これは広告文に設定しているキーワード単位のため、クエリベースではありません。
(AdWordsではキーワード・クエリ単位まで取得可能)

(おまけ)自動タグ設定と手動パラメータ設定を両立させる方法

上記のように、Yahooの情報を取得したい場合や、Googleでもディスプレイ広告を切り分けたい場合等は、手動でパラメータを付与する必要があります。
しかし、これはAdWordsの「自動タグ設定」と同時に設定していると、データに矛盾が起きてしまいます。

自動タグ設定と手動タグ設定の違い

手動タグ設定では、以下の項目しか設定出来ません。

  • キャンペーン
  • 参照元
  • メディア
  • コンテンツ(広告)
  • キーワード

しかし、自動タグ設定をしていると、以下の項目も追加で取得出来るようになります。

  • クエリのマッチ タイプ(キーワードと検索クエリのマッチ条件)
  • 広告グループ(対象のキーワード、広告、クリックに関連する広告グループ)
  • リンク先 URL(AdWords のリンク先 URL)
  • 広告のフォーマット(テキスト、ディスプレイ、動画)
  • 広告配信ネットワーク(Google 検索ネットワーク)
  • プレースメントのドメイン(広告が表示されたディスプレイ ネットワーク上のドメイン)
  • AdWords のお客様 ID(AdWords アカウントに設定されている固有の番号(3 部構成))

また、以下のレポートデータを閲覧可能となります。

  • 時間帯
  • プレースメント(ディスプレイ ネットワーク上で広告が表示された場所)
  • キーワードの掲載順位(Google の検索結果ページで広告が掲載された順位)

GAの設定方法

AdWordsで取得出来るデータ量が増えるため、何とか手動タグと両立させたいですね。

その場合、アナリティクス上で以下の設定を行うと、手動タグのパラメータを上書きすることが出来ます。

「アナリティクス設定」⇒「プロパティ設定」⇒「詳細設定」⇒「手動タグ設定(UTM 値)による自動タグ設定(GCLID 値)のオーバーライドを許可します」にチェック

図4
処理済~04

 

 

 

処理済~04 処理済~04

 

 

終わりに

電話CVの取れないアカウントを分析するのは一手間入ります。
知恵を絞って、成果に繋げていきたいですね。

 

 



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック