リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

<AdWords>リスティング広告は急がばまわれ


お客様の大切なお金を預かっている、リスティング広告。
広告である以上、投資している広告費が売り上げに繋がらなければいけません。ただし、往々にして、掲載開始してすぐに成果を求められることが少なくありません。

今回は、すぐに成果を求めず、中長期スパンで広告費の投資分の売り上げを回収した事例をご紹介します。

□前提

クライアントの商材:施工関連の業種。

安さを売りにする強豪が多い中で、サービスの品質と会社のブランディング、安心感を売りにしたLPを使用。

以前は安さ訴求のLPを使用していたが、冷やかしが多く、お問い合わせの質が悪かった。

□運用初期(1ヶ月~2ヶ月め)

お問い合わせがほとんどない状態。
2ヶ月めから、週2件ペースでお問い合わせがは入ったが、以前と同様にお問い合わせはあっても受注に繋がっていなかった。

□運用中期(3ヶ月~4ヶ月め)

LPの改修を提案。
施工サービスであり、クライアント層のネットリテラシーが高くないため、
ブランディング訴求のしっかりした見栄えのサイトではユーザーが気後れして離脱してしまうのではないか、と仮説を立てた。

また、アクセス解析より、お問い合わせをしているユーザーはサイト訪問から60日以降に集中しており、掲載から2~3ヶ月遅れてお問い合わせに繋がるため、その間は辛抱強く待って頂くことをご提案。

□運用後期(5ヶ月~6ヶ月め)

リニューアル後、掲載再開。
2ヶ月めまではお問い合わせがなく、月に4件程度だったが、
3ヶ月め以降から、週2件とコンスタントにお問い合わせが来るようになる。

お問い合わせの質も良好で、2件に1回受注。

顧客単価も上がり、売上も上々となっている。

まとめ

今回のケースでは、
  • LPがユーザーの質とあっていないこと
  • お問い合わせに至る検討期間が3ヶ月あったこと
から、1ヶ月で成果判断をしていたらその後のお問い合わせもなく、「インターネットは割が悪いからやめる」との判断に繋がった可能性が大きかったと思います。

クライアントに状況をご説明し、辛抱強く待って頂いたことで、無事売上に繋げることが出来ました。

企業体力がなく短期間で成果を求められる等のケースも多いですが、

成果を見極めるまでに、少なくとも3ヶ月から半年はかけることをお薦めいたします。


業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック