リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【考察 ECサイト編】テレビ放映とリスティング広告の組み合わせでコンバージョンを最大化

a0002_005934

はじめに

リスティング広告の運用を任せていただいているEC系クライアント様から「テレビでお店が紹介されることになった!」と連絡があった場合、私たち運用者はどのような対策を打てばよいのでしょうか?
私なりに考察してみましたので、参考にしていただければ幸いです。

知名度の高いTV情報番組

  • ためしてガッテン(NHK:水曜20時~)
  • ガイアの夜明け(テレビ東京:火曜22時~)
  • カンブリア宮殿(テレビ東京:木曜22時~)
  • ソロモン流(テレビ東京:日曜22時~)

上記のような全国ネットの番組だとインパクトも大きいでしょうね。
しかし、放送される番組が地方限定だったとしても、対策を打つ価値は十分にあると思います。

施策内容

①商品名や屋号名のキーワードを登録

視聴者は、商品名や屋号名で検索をします。
表記揺れや打ち間違いのキーワードを含めて登録しましょう。
また、TV番組名も忘れずに登録を。

②広告文にTV局名や番組名を入れる

視聴者にひと目でわかってもらえるような広告文を作成し、公式サイトへ誘導しましょう。

【広告文例】
公式/京都の○○○本店
テレ東ソロモン流で絶賛の和菓子。
お得な20%割引特典!12月末まで

③スマホ配信を忘れずに

視聴者は放送を観ながらスマホで検索するので、スマホでも広告が掲載されるように設定しておきましょう。

④2ステップでコンバージョン獲得を狙う

PCと比べると、スマホのコンバージョン率は低くなる傾向があります。2ステップでコンバージョンを獲得していることを意識しましょう。
※傾向としてであり、すべてのサイトがこのケースに当てはまるわけではありません。

  • 1ステップ目(スマホ)…放送中にとりあえず検索→広告をクリックしてサイトを認知
  • 2ステップ目(PC)…商品をゆっくり選ぶため、PCでサイト閲覧→コンバージョン獲得

まとめ

テレビを観ながら気になったキーワードをスマホで検索!という行動は、皆さんも何気にしているのではないでしょうか?テレビとリスティング広告を連動をさせる場合には、必ず理解しておかなければならないユーザー行動ですね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック