リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

<Yahoo!リスティング>YDN配信を最適化してみようその2


前回は、YDN配信を最適化するためのポイントについて紹介しました。

今回は、実際に最適化した事例をご紹介します。

配信媒体

このアカウントでは、下記の配信を行っています。

  • リターゲティング
  • サーチターゲティング

アカウント構成は、それぞれの媒体と、デバイス(PC/スマホ)でキャンペーンを分けています。
リターゲティングリストは「TOPに訪問してCVしていないユーザーのみ」。
サーチキーワードは、関連性のあるキーワードを軸ごとに分けてまとめてあります。

7月の運用結果

7月の運用結果は以下の通りです。

CV29件
CPA31,067円

デバイス別パフォーマンス

7月_デバイス別

まずデバイス別ですが、スマホがクリックも多く、比例してCVも多い傾向がありました。
そこで入札と日予算を上げて、クリックを増やす施策を行います。

サーチキーワード

サーチキーワード

「A」、次いで「B」のキーワード軸がもっともCVが取れていることがわかりました。

そのため、サーチキーワードのリストから「A」「B」を抜き出した広告グループを新たに作成し、入札調整を行っています。

フリークエンシー

フリークエンシー分布

直近3か月のフリークエンシーデータ。

当初はフリークエンシー設定なしで配信。
フリークエンシーレポートより、万遍なくCVがあるが、10回以下と100回以上のCPAが良好であることが分かったため、
フリークエンシー10回と、制限なしの2パターンに分けました。

インタテストカテゴリー

インタレストカテゴリー

インタレストカテゴリーでは、「医薬」「オンラインコミュニティ」でCVが多い傾向にありました。
今回は施策を見送りましたが、今後はこれらのカテゴリーを抜き出してセグメントを行うのが良さそうです。

サイトカテゴリー

サイトカテゴリー

インタレストカテゴリーと同様、サイトカテゴリーでも「SNS」関連でCVが多い傾向にあります。
今後の拡張として、上記カテゴリーでの配信も検討の余地ありですね。

8月の運用結果

上記施策を踏まえた、8月の運用結果は以下の通りです。

CV39件
CPA27,681円

8月_デバイス別

スマートフォンのクリックが伸びたことがCV増加の直接な要因ですが、
サーチキーワード・フリークエンシーの設定によって、CPAを若干改善しています。

今後の施策としては、

・リターゲティングリストの整備
・インタレストカテゴリー、サイトカテゴリーごとの分割

等を行い、成果に繋がりやすいセグメントに集約させていく形となります。

まとめ

まだまだ活用されきっていないYDNですが、
リターゲティング、サーチターゲティングは比較的成果に繋がりやすい媒体だと思います。

配信方法やその後の改善方法によっては、着実に成果を伸ばすことも可能です。
まだYDNに手を出していない、という運用者の方は、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック