リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

GoogleAdwords広告表示オプション新機能「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」を実際に使ってみた件


前置き

日々の運用、お疲れ様です。
今回は、つい先日、全てのアカウントに対して、一般公開された、GoogleAdwords広告表示オプション新機能「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」に関して、実際に使ってみての使用感や、その効果のほどを、お伝えしたいと思います。

※2014年9月12日現在、これまでの「コールアウト表示オプション」という名称から、管理画面上では、「キャッチフレーズ表示オプション」に名称変更されています。その為、本稿では「キャッチフレーズ」と「コールアウト」を併記して、お送り致します。

まずは、「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」に関する解説です。

「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」とは、検索広告に対して、広告主が持つ商品・サービスの強み・メリットなどを、キャッチフレーズとして、追加することができるオプションの事です。

以下、Googleが公式ページで、参考画像として、掲示している画像ですが、一見すると、これまでのサイトリンク表示オプションと同じようなものに見えます(赤枠部分)。

Google公式ページ画像

しかし、サイトリンク表示オプションと、決定的に異なる点は、今回のキャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションには、リンク先URLを付けることができない点です(その為、当該オプションをクリックすることはできません)。

その為、これまで、通常の広告文(サイトリンク表示オプションを含む)では、リンク先URL(コンテンツ)がないと、訴求することができなかったメリットなどを、今回のキャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションでは、訴求することができる為、これまで以上に、広告文に露出できる内容の幅が広がったと考えています。

ただし、当然、キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションにも、審査基準がありますので、過度な演出は、不承認となる可能性が大ですので、注意が必要です。
より詳細な解説に関しては、以下、GoogleAdwordsヘルプをご参照ください。

広告の下にキャッチフレーズ(コールアウト)を表示する

 実際に使ってみた。

さて、キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションを実際に使ってみました。

使い方・設定の仕方は、至ってシンプルです。
GoogleAdwords管理画面の広告表示オプション画面から、「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」を選択します。

次に、以下、キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションの編集画面から、「新しいコールアウト」を選択します。

「新しいコールアウト」編集画面から、追加したテキストを入力し、保存をクリックすれば、完了です。

作成に際しての注意点として、「最低2本」「半角25文字(全角12文字)以内」という点になります。

「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」を、実際に掲載してみての効果

では、実際に、どのように掲載されるのか、見てみましょう。

実際のテキストをお見せすることはできないので、恐縮ですが、各箇所ごとに、ラベルを貼ってみました。

この掲載例で見ると、サイトリンク表示オプションの上に、表示されています。
この点、興味深い事に気づきます。

キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションを設定することによって、訴求内容の幅が広がるだけでなく、さらに、掲載面の面積も広がっていくということです。

つまり、タイトル・URL・説明文・キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション・サイトリンク表示オプション、さらに、ここに、電話番号表示オプション・住所表示オプションなど、通常の広告文に加えて、主たるオプションをフル装備し、プレミアムポジションまで掲載順位を上げておけば、計7本の広告面積を有することができるということです(あくまでも、オプションという位置づけですので、絶対にそうなるとは言えませんが)。

では、その効果は、いかほどのものでしょうか?

今回の掲載例での、キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションを適用した前後の、広告のクリック率の推移として、以下のようになっています。

1.8% ⇒ 2.3%

という感じで、128%程の上昇となっています。

ただし、このデータの期間として、キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプションが公開されて、数日間のデータとなりますので、正確性を判断する上では、難しいかもしれません。
しかし、クリック率を改善させるための糸口として、使えそうな気がします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」を始め、広告表示オプションは、広告掲載に対して、あくまでもオプションという位置づけとなっていますが、Googleの公式見解として、
広告表示オプションが、広告ランクに影響を与える要素となっていますので、今回の結果から、「キャッチフレーズ(コールアウト)表示オプション」を付与していないアカウントは、これをきっかけに、実装してもいいかもしれませんね。

 

 



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック