リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

訪問したページでリマケリストを切り分けよう《リスティング広告》


a1180_014649

1回コンパで会っただけで告白する場合の成功率と、コンパ→2人で食事→遊園地デート、と段階を踏んだ場合の成功率は違いますよね。

それと同じでリマケも、トップページに来ただけのユーザーと申込みフォームまで進んだユーザーとではコンバージョン率は違います。

訪問したページでリマケリストをセグメントすると効果的ですよ、というのが今日のお話です。

事例

  • 商材:BtoBでとあるサービスを提供
  • コンバージョン地点:資料請求
  • リマケリストは「資料請求の申込フォームに訪問したユーザー」と「資料請求の申込フォームに訪問していないユーザー」で作成
  • リピートは無い商材の為、いずれもCVユーザーは除外

内容に関心を持ちフォームまでは来たものの、入力するだけの時間が無かったり上司の許可が必要だったりと、何らかの理由でその場ではCVに至らなかったユーザーと、内容を見て興味を失い離脱したユーザーとでは見込みが違い、CVの獲得にも差が出るだろうという想定の元、リマケリストを切り分け、フォーム訪問ユーザーの入札を強化、フォーム未訪問ユーザーの入札を抑制して配信しました。

結果

キャプチャ

  • フォーム訪問合計:CV7件、CPA約3,000円
  • フォーム未訪問合計:CV2件、CPA約40,000円

となり、CPAで言うと実に10倍以上の開きが出ました。

まとめ

サイトを訪問したユーザーを追いかけるにしても、訪問してからの期間や、訪問回数、訪問したページなどによって見込み度は変わります。

どういうユーザーに、どのタイミングで、どういった広告を配信するのが最も効果的なのかを想像し、検証することが大事ですね。

今回ように、フォーム訪問と未訪問でリマケリストを切り分けるのは、非常に差が出やすいパターンですので、やってない方は是非お試し下さい。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック