リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【リスティング】DSA(動的検索広告)のイロイロ

皆さんこんにちは!今回は考えてみたシリーズより・・・「DSA(動的検索広告)」について書きたいと思います!

DSAについておさらい

ダイナミック・サーチ・アドの略称です。日本で使うダイナミック!というと、何だかとても大きいものとか豪快なイメージを想像しますが・・・ここでは「動的な」という意味です。

概要については弊社過去記事で紹介していますので、そちらを参照下さい。

参考:DSAリリース時の弊社過去記事

一言で言うと「Webサイトのコンテンツに基づいて、システムが自動で広告文を表示してくれる」という機能です。

基にするのがサイトにある内容そのものなので、当然メリット・デメリットがあります。今回は、そのあたりに焦点を当てて、正しい活用方法について考えていきたいと思います。

設定とメリット・デメリット

皆さんは、Googleにおけるユーザー検索の動向について、本当に把握されていますか?

  • 3語以上の検索クエリの占める割合は?⇒54%
  • 過去6ヶ月に検索されたことのない新規検索クエリの占める割合は?⇒20%
  • 完全に一致するキーワードのない検索クエリの占める割合は?⇒70%

完全に一致するキーワードがないクエリ7割=それだけ想像がつかないということ。とはいえ、普段構築の時には「こういうモノを求めるユーザーは、どういう思考をするのだろうか?」

という考察軸をもとに、想定されるキーワードを出していけば、初動からそこまで大きくズレてしまうことはないでしょう。・・・但し、それはあくまで想定に過ぎません。人だからこそ予想が出来、人なればこそ予測不可能なもの。それも上記の数値が証明しています。

例えば、通常の考察で8割のユーザーをカバー出来たとして、残り2割のユーザーは?そこは運用の中でPDCAサイクルを回しつつ探っていくことになりますが・・・もし、システム的にそのユーザーへの訴求が可能になるとしたら?これを極めて実現へ近づけたのが、このDSAだといえるのではないでしょうか。

仕組みと設定

Googleでは、オーガニック検索した際、表示順位等を決めるインデックスが存在します。DSAはそのサイト毎のインデックスと、ユーザーのクエリを基に適したものを判断し・・・

「最も関連性の高い語句がタイトル」「最も関連性の高いページがリンク先」にそれぞれなっていくイメージです。

そのため、基本的には「URL」で参照元(表示URL)を指定します。

DSAFa

あとは、説明文1と2のみ自身で設定、他は全て自動生成!となります。ドメイン以外の設定方法としては

  1. 特定のカテゴリに属するページ
  2. タイトルに特定の語句を含むページ
  3. URLに特定のテキスト文字列を含むページ
  4. 特定の語句を含むページ

といった、更に細かなセグメントを行う事も可能です!!

参考:Google公式ヘルプ「動的検索広告を使用する」

メリット

  • アカウントがある程度成熟してきたタイミングで、更にターゲットの拡大が可能
  • 競合も設定しないような未知のキーワードに対し、安めのCPCで出稿可能
  • フレキシブルな広告文の表示で、ユーザー毎に効果的な訴求が可能
  • プレミアムポジションへ表示の際、文字数制限関係なく生成された文が表示可能
  • 広告ランクの仕組みは同じため、必然的に品質が高くなる傾向にある

デメリット

  • 参照元ページに不要な語句がある場合、意図しない形で生成される可能性
  • 参照元ページの情報が少ない場合、あまり拡張性が無い
  • 除外をしっかり行わないと、浪費するキャンペーンになる可能性が高い
  • 使えない業種がある(現状共同購入式クーポンサイトのみ)
  • 実際にどのような文章で生成されているかを、意図的に見ることが難しい

メリットはわかりやすく、拡大施策として有効だと感じて頂けるかと思います。デメリットについて、ページ内に「実績事例紹介」がある場合が分かりやすいです。そこで会社のお客様名を記載している場合、その名前が広告文になるケースもあります。

これらの良し悪しを正しく判断して、「人の能力限界を超えたウマイ使い方」をしてあげることが出来れば、今まで以上のハイパフォーマンスも夢じゃない!運用面では、始めは入札価格を低めに設定し、拡大と除外を順番に重ねるのがポイント。

余談

「URLを指定する方式で、タグ設置も必要ない」という仕様だとなると・・・「え、それって、競合他社のサイトURL指定したら・・・他社さんページに来たユーザーをこちらに呼び込めるんじゃ・・・」こう考える方もいるのではないでしょうか?結論から言うと、それは出来ません。

指定したURLのページ内から、リンク先URLも自動選定されるため・・・これをやったとすれば他社さんのページへ、こちらのお金を使って誘導してしまうという、何とも悲惨な状況になります・・もしかすると審査が通らないかもしれませんが・・・(やったことがなく未確認です、すみません)

まとめ

イロイロ調べたり使っていく中で、自分としては予算を増額することになった!もっとCV欲しいけど、コレ以上どこをいじれば」というケースに最もシナジーを感じます。開始当初からクエリ集めとして使う手もありますが・・・拡張範囲と消費の線引が難しいため、予算が決まっている中では適さないかと思います。

また、想像を超える部分も拾える、超便利ツールですが・・・運用の中で拡大・除外を重ねていくと、次第にもう広がりが無くなっていきます。それだとダメにも思えますが、逆にいえば、この状態こそが「想定以上の部分まで、配信範囲は拡大しきっている」という、ベストな状態だといえます。

それを確認するのにも、面白いツールなのではないでしょうか。是非活用してみてくださいね。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ