リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

<Yahoo!リスティング>YDN配信を最適化してみよう


皆さんはYDNをきちんと運用出来ていますか?

ひょっとすると、初めの設定以来、大きく施作を行っていない、なんてことはないでしょうか。 成果が出難く、管理画面で細かい情報が見られない、等の事情で敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。

今回はYDNで成果に繋げていくための運用施作についてご紹介します。

どの媒体から始めるべきか

個人的には、

  • ①リターゲティング
  • ②サーチターゲティング
  • ③インタレストカテゴリー、サイトカテゴリー、プレースメントターゲティング
  • ④ノンターゲティング

の順番で初めてみるのをお薦めします。 エリア・性別・年齢・時間帯・フリーエンシーキャップの設定を追加していくイメージです。

認知施策を重視する場合は問題ないですが、成約を重視する場合はリターゲティングで成果に繋がらないと時期尚早かもしれません。

アカウント構成をきっちりと分ける

配信方法(各種ターゲティング)によってキャンペーンを分ける他に、

  • デバイス
  • 広告タイプ(イメージ・テキスト)
  • ターゲットリスト
  • サーチキーワード

等で分けると調整がしやすいです。

デバイスについては、YDNではユニファイドキャンペーンはないため、広告グループ(またはキャンペーン)単位で切り分けるのをおすすめします。

組み合わせが複雑になってしまうため、整理してあげる必要があります。 運用プランニングに沿って、データを参照・調整しやすい構成を考えましょう。

ここは運用者の腕の見せ所ですね。

各種参照レポート

■サーチキーワード

サーチターゲティングを利用している場合に、最も重要な指標となります。 サーチキーワードごとのパフォーマンスが見られるため、効率の良いキーワードに予算を集中させるのが良いですね。

そのために、サーチキーワードのリストも、

  • キーワード一つに対して一つの広告グループにする
  • 軸の似通っているキーワードでリストをまとめる

などの構築を行っておく必要があります。

■広告配信先

配信先プレースメントを確認出来ます。
キャンペーン・広告グループ単位まで分割して見ることが出来ます。

効果の高いプレースメントは新規で追加したり、逆に悪いものは除外していきます。

■サイトカテゴリー、インタレストカテゴリー

カテゴリーごとのパフォーマンスを参照します。 効果の高いカテゴリーは新規で追加したり、入札強化・抑制で最適化していきます。

最初は指定していなくても、思わぬ優良カテゴリーが見つかも知れませんよ?

■デバイス別

常に重要な指標です。
YDNではユニファイドキャンペーンはないため、広告グループ(またはキャンペーン)単位で切り分けておくと調整しやすいです。

■フリーエンシー

キャンペーン・広告グループ単位まで分割して見ることが出来ます。

個人的には、安易にフリークエンシーを設定するのはおすすめ出来ません。
始めは設定せず、データをみて、最も効果的な回数で設定するのが良いと思います。

■曜日・時間帯別

YDNは特に曜日・時間帯を指定しなくても1日予算を均等に利用しますが、そもそもの配信量が膨大であるため、指定することでクリックを増やせる場合がままあります。

特定の時間帯(夜間等)にCVが固まっている場合等は追加の設定も検討してみましょう。

最も、曜日・時間帯別に入札調整比率を設定することは出来ないため、予算が潤沢な場合は特に設定は必要ないかもしれません。

■地域別

こちらも時間帯をと同様です。
CVの多いエリアに予算を集中した方が良いでしょう。

■年齢別

年齢の設定をしていると、レポートを見ることが出来ます。
特にインタレストやカテゴリー配信では配信量が圧倒的に多く、予算不足になることもあるため、設定も検討してみましょう。

まとめ

YDNはレポートの期間選択に制限があるため(全期間の選択不可)、テンプレートを作って毎月作成されるようにしておくと便利です。

上記の指標を定期的にチェックし、適切な施策を行くのが肝要です。

皆さんも積極的にYDNの運用を行ってみては如何でしょうか?



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック