リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【GoogleAdWords】ディスプレイ広告配信にはバナー広告があったほうがいいかも!という事例紹介


こんにちは!暑い夏ですね!

暑くなってきて、お客様のバナー配信もどんどん増えてきて、
HOTなアカウントが多い気がします。
そんななか、アカウントのディスプレイ配信を分析して、
『バナーはやっぱりあった方がいいかも!』という分析結果が出てまいりました!

バナー制作が難しいお客様もいらっしゃるかと思いますが、バナー配信の可能性を知ってもらえればと思います。

なぜあったほうがいいか!① 表示回数が多くなる。

【調査内容】
あるアカウント 『リマーケティング』キャンペーンの中で、バナーとテキストの表示比率を調べました。

リマケの広告別成績

バナーの種類は8種類、テキスト広告が1種類です。

リマケのバナー

【調査結果】
テキストの表示比率が35%に対して、バナーは65%でした。

テキスト広告の倍近い表示機会を逃すのはもったいないですね。

なぜあったほうがいいか!② 成約率が広告によって変わる!?

【調査内容】
同じアカウントで、インタレスト配信とリマーケティング配信別、広告別の成約率の違いを調べました。

【調査結果】

CVR

なかなか興味深い結果が出ております。

一番着目すべきは、成約率が広告によって違ったということです。

配信方式ごと、広告ごとに成約率が違いますが、今回の場合、バナー配信がない場合はかなりの成約損失が現れそうですね。

※この事例の場合、目標とするCPAを大きく超えていましたので、インタレスト配信のテキスト広告を停止しております。

まとめ

バナーは是非ともあったほうが良い!ということを発見しました。(当たり前のように感じますが、数字で知ることは大事だと思います!)

アカウント、バナーによっても成果状況は変わってくるかと思いますが、確実に成約の可能性、機会を増やせます。
『バナー配信は難しいんじゃないの?』『作るのは大変かも』とお悩みの方も、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック