リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

《リスティング広告》USPが消費者のニーズとマッチしているか考えてみた


はじめまして、こんにちは!

最近、巻き爪の手術をして足の指が痛かった加藤です。

今回から、記事を書かせて頂く人たちの一人となりました!
どうぞ、よろしくお願いします。

お客様の伝えたいUSPが消費者のニーズにマッチしているか?

お客様にリスティング広告運用を任せて頂けるようになり、
お客様と広告配信の目標や方針などをお話していくなかで、色々学び、感じたことがありました。

それの一つに「お客様の伝えたいUSPが消費者のニーズにマッチしているか?」です。
※USP:unique selling proposition(自社(自製品)のみが持つ独特の強みのこと)

当然、お客様自身のことなのでUSPを的確に捉えられているとは思います。
しかし、運用を任せて頂けるようになり、お客様と話していく中で、
自分の中で「それって消費者のニーズにマッチしている?」と思うことがありました。
本記事ではその事例を記載します。

概要

お客様は都内の料理店を営んでおり、「とある食材」を使った料理に自信があり、
これをUSPとして広告文に強く出していきたいとのことです。
さらに、「とある食材」を産地直送で取り扱っているのは、都内でこの料理店だけ。
※諸事情により「とある食材」という名称にしております

内容

広告文に「産地直送のとある食材」を載せたいという要望がありました。
理由は、「産地直送」は上述の通り、都内では唯一の料理店であり、
他店と比べて、差別化ができるからということです。

このUSP、消費者のニーズとマッチしているの?

その「とある食材」はかなり貴重な食材であり、特に女性には人気があるようです。
「とある食材」を扱う他店と差別化が出来てるので、差別化するという視点では良いですよね。

でも、本当にそれで良いでしょうか?

考えていただきたいのが、「とある食材」を使った料理を食べる消費者の方々が
魅力的に感じるのでしょうか?「産地直送」と言われてもあまりピンと来ませんよね?
(女性じゃないからかもしれませんが・・・)

それよりも、この料理店では「とある食材」をつかった10食限定の人気料理がありました。
こちらを広告文に使ったほうが、消費者の方々の意欲を煽って、
来店に繋がるのではないでしょうか。

「10食限定」の広告文を使ってみた

お客様に提案をして、実際に広告文に盛り込んで配信しました!!

0630_3

結果は初日で2件のコンバージョン(電話予約)を獲得することが出来ました!

狙いどおり、「10食限定」という訴求点がお客様のニーズにマッチしましたね!!
(他の要因や、理由があったり、たまたまだったかもしれませんが、
 この「10食限定」の広告文も一役買っているとも言えますよね。)

まとめ

お客様の伝えたいUSPが必ずしも消費者のニーズに一致しているとは限らず、
我々、運用者として、そのUSPをいかにニーズにマッチした訴求が出来るか、
腕の見せ所の一つですよね。

今回の成果はお客様に大変喜ばれる結果となり、これからも喜ばれる運用者を
目指し、頼れる運用者でありたいですね!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック