リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

ディスプレイをやるとしたら、テキストとバナーどちらがいいのか?《YDN・GDN》


テキストとバナー、どちらが効果があるのか?バナーの方が目立つし効果がありそうだ、なんて話をたまに聞きます。

効果とは何か?CPAであれば、正直なところアカウントによってまちまちです。

しかし中には、クリックを多く集めることが目的だ、というお客様もいらっしゃいます。

とある例

  • コンバージョン測定無し。クリック数の最大化が目標
  • YDN・GDN、登録している広告数は同じ
  • メニューはYDNがサーチターゲティング、GDNがインタレストカテゴリ
  • 運用期間1ヶ月

キャプチャ

このデータを見る限り、YDNはテキストの方が安く・大量に出せる、GDNはバナーの方が安く・大量に出せるようです。

これはアドネットワーク内で、テキストが出せる枠とバナーが出せる枠の数が違うからだと思われます。

極端な話、CPAが関係なければ、出ていない方の広告の入札を無理に上げてCPCを高騰させるより、よく出る広告の方に予算を投入した方が良さそうです。

まとめ

この差は何も、クリック数目標のアカウントにだけ関係することではなく、CPA目標のアカウントでも注意しなければいけません。

ディスプレイ配信をする場合、テキストとバナーそれぞれの特性を知った上で入札を考えてみましょう。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック