リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

スマホで長文打ちますか?《リスティング広告》


smart

みなさんはいつガラケーからスマホに変えましたか?最初からスマホだよ!というあなた、U17ですね!

青春時代をガラケーと共に過ごした私たちは、手に馴染んだガラケーとさよならし、スマホとの新しい出会いを果たした時、口をそろえて言ったはず・・・「打ちにくっ!」

そのストレスを乗り越え、今ではサクサクっと使いこなしちゃってることと思いますが、入力に慣れたと同時に、最小限の入力で欲しい情報にたどり着く術を身につけた、ということもあるのではないでしょうか。

友達とのやりとりでも、LINEのスタンプであったり、「了解→りょ」「怒ってる→おこ」など、どんどん短縮されてきているように思います。

検証

こちらのデータを御覧ください。

とあるブランドのGoogleアカウントです。ブランド名の指名キーワードのみの出稿をしています。

  • A01_メイン・・・「指名キーワード×掛け合わせキーワード」のキャンペーン。「指名キーワードを完全一致で除外」
  • A01_単KW(PM)・・・「指名キーワードの単キーワード・フレーズ一致」のキャンペーン。「指名キーワードを完全一致で除外」
  • A01_単KW(EM)・・・「指名キーワードの単キーワード・完全一致」のキャンペーン。

という構成になっています。

キャプチャ

このデータを見ますと、A01_単KW(EM)キャンペーンは、かなりスマホの割合が高いことが分かります。

ここからもスマホユーザーは短いキーワードで検索する、という行動が見て取れます。

今回の場合は単キーワードがブランド名の為、どのキーワードでも同じ結果になるとは言えませんが、単キーワード・完全一致のパフォーマンスは、デバイスに注意してみる必要がありそうですね。

まとめ

今回のように、マッチタイプでキャンペーンを分けている場合は分かりやすいのですが、キャンペーン内に、単キーワードの完全一致と掛け合わせキーワードが混在していることも多々あります。

今一度、単キーワードの完全一致のデバイス別パフォーマンスを見てみて下さい。スマホの入札比率の調整は広告グループ毎でも行えますので、パフォーマンスに応じて調整しましょう。

ちなみに、1広告グループに複数キーワードが入っている場合、調整はしづらくなります。

弊社は1広告グループ1キーワードをモットーに、分析しやすいアカウント構成を心がけていますのでご安心を!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック