リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

ラベルを使って業務スピードがUPした件

今回は、タイトル通りラベル機能活用による、業務スピードUPに関するお話です。

ラベル機能とは?

そもそもラベルとはなにか、というところからですが・・・ラベルを使用すると、キャンペーンや広告グループ等を任意のカテゴリに分類出来ます。重要なのは分類することで「比較検討が容易になる」という点です。

とある使用例

とあるアカウントでの使用例をご紹介します。青果店さんのECサイトで、1つのキャンペーンに色々な果物を登録しています。・・・スタートから数ヶ月。先方から連絡があり「今の季節「みかん」と「りんご」どちらが売れているか早く知りたいのですが」という急ぎのご依頼が。

早速調査して報告だ!と意気込むも、今の状況ではみかんとりんごに関する広告グループが混在し「みかん」と「りんご」でどちらが良いかを比較したくても、データの並べ替えやレポートの作成が煩雑で、早く報告するのが難しい状態でした。ここで、ラベルを活用して効率化をはかります。

実際のアカウントで見てみよう

実際にキャンペーン一覧でラベル反映してみました。「みかん」「りんご」を含む広告グループそれぞれにラベルをつけます。

キャンペーン管理

★ラベルの付け方★
付けたいところの左のチェックBOXにチェックを入れ「自動化」ボタン右にある「ラベル」ボタンをクリックして選択します。
詳しい方法はコチラから!
※引用元・GoogleAdWorsヘルプ

データ比較 みかんとりんごはどちらがいいのか・・・

ラベルの準備は整ったので、データを比較してみる画面です。

キャンペーン管理2
ラベル付与時はあれだけ混在していたデータが、ひとまとめに閲覧出来ました。これで、先方にもすぐにみかんの方が良かった事を伝えられます。

※今回のラベルを使った部分は、レポートを出せば判るデータではあります。

しかしながら、時間がかかったり毎度出すのは煩雑。常時ラベル管理しておけば常に見られるため推奨します。

まとめ

ラベル機能のお陰で、先方からの急な依頼にも迅速に対応出来ました。実際に、こんなカンタンな事で、業務効率はグン!とUPします。効率化してサクッと作業、スピード感ある対応でお客様に貢献しましょう!

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ