リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

コンバージョン獲得クエリを完全一致で登録する《リスティング広告》


「このキーワードめっちゃコンバージョン付いてるじゃん!こりゃもう完全一致で登録するっきゃないね」という経験、クエリを分析していると多々あります。

では、登録する際、どうしていますか?

運用者の皆様なら当たり前のことですが、クエリは本来1語で言い切るはずのものが、変に区切られています。

例えば、「アラビア語教室」→「アラビア 語 教室」、「東京スカイツリー」→「東京 ス カイ ツリー」、「エステティックサロン」→「エステ ティック サロン」など。

※スペースは形態素解析によるものです。

クエリでスペースがあっても、気にせず(スペースを入れず)登録していることがほとんどではないでしょうか。

確かにスペースがあってもなくても、表示はされます。

でも、スペースがあるもの(クエリ通りのもの)とないもので、全く同じパフォーマンスになるのか?

実際やってみました。

Yahoo・Googleどちらも、先にスペースの無いものを登録。その後、スペースがあるものを登録。登録前後1週間ずつのデータです。

《Yahoo!の場合》

・スペースがあるもの登録前

キャプチャ2

・スペースがあるものを登録後

キャプチャ

《Googleの場合》

・スペースがあるものの登録前

キャプチャ3

・スペースがあるものを登録後キャプチャ4

興味深いデータが取れました。

スペースがあるものを登録後、スペースがないものは表示されなくなっています。

インプレッションやクリックにも変化はありましたが、1番注目すべき点はCPCではないでしょうか。

このデータから、クエリ通りに登録したキーワードの方がCPCが低いということが見て取れます。

まとめ

今回のようにスペースのあり、なしだけでなく、「ー」のあり、なし、ひらがな、カタカナなど、「これイケる!」と思ったキーワードは色々な類似パターンで登録してみて、数値を見比べるのも面白いと思います。

なぜだろう?こうしたらどうなるだろう?と思ったら、色々試してみましょう!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック