リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

≪AdWords≫在留邦人にリスティング掲載をしたい場合の注意


問題:海外にいる日本人にリスティング広告を掲載したい、という場合はどうすれば良いでしょう?

答え:言語を日本語にして、地域設定を海外に設定する。

ここまではリスティング広告経験者であれば誰でも思い付きますよね。

地域

ここで失念してはいけないのは、海外で日本人が検索する場合、どの検索エンジンを使っているのか、です。

え?Googleに決まってるって?

実は、Googleにも色々あるんです。

google.com(全世界・米国)
google.co.jp(日本)
google.com.hk(中国・香港。google.cnから転送)

上のように、各国用にカスタマイズされたバージョンがあります。
それぞれ、ドメインが異なっていますね。
これは、国ごとに所持しているドメインが異なるからです。トップレベルドメインと言います。

実は、ドメイン単位でも地域設定は適用されています。
エリアが中国の場合、co.jp(日本)を使用しているユーザーには配信されません。

また現在Googleでは、所在地ごとに適した地域のドメインに切り替わるようになっています。
google.comと日本で打っても、co.jpに転送されてしまいますね(/ncrと追記すると転送されずに表示させることが可能です)。

ちなみに中国のようにgoogle.com、google.com.hk、google.co.jp等、複数の検索エンジンが使用されているケースにも留意する必要があります。

このように、海外配信では掲載地域だけではなく、使用している検索エンジンのドメインにも留意する必要があります。

言語

言語設定が日本語の場合はどうなるのでしょうか。
これは、検索エンジンの言語設定が日本語になっている場合に配信されます。

海外でgoogle.comにアクセスした場合、初期状態では英語や所在地の言語になっています。
そのまま日本語で検索していても、広告は配信されませんので注意。

この場合、言語設定で日本語以外に英語や該当地の言語を加える必要があります。

おまけ

海外でyahoo.co.jpにアクセスした場合はどうなるんでしょうか。
Yahoo!プロモーション広告では、海外にもそのまま配信可能です。

言語の設定は出来ませんが、エリアを未選択になっている場合には広告は掲載されます。
海外からのアクセスを除外したい場合は、エリア設定を全選択にして、全ての都道府県を選択すればOKです。
※ただし、ユーザーのエリア判別が不能な場合は配信されないため、機会損失を招く恐れもあります。

まとめ

このように、海外では所属国ごとに配信環境が異なります。
どの検索エンジン、ドメインを使うのか、デフォルトの言語は、など現地の実情を考慮して配信する必要がありますね。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック