リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

そのリスティング広告、本当にYahoo!、Googleだけのものでしょうか? ~広告掲載場所の違いによる、リスティング広告運用の影響に関して【第2部】~


前回の記事は、こちらです。

前回は、Yahoo!プロモーション広告でも、Adwordsでも、ある程度広告掲載先の指定ができることがわかりました。

広告掲載先がわかったけども、それが運用において、どのような影響を与えるのか?

下記は、とある期間の、とあるYahoo!プロモーション広告管理画面とAdWords管理画面の一部分です。

Yahoo!プロモーション広告管理画面

AdWords管理画面

何かお気づきになりましたでしょうか?

数値を見る基準として、CPAを基準にした場合。

Yahoo!プロモーション広告の赤枠は、

「ウェブ検索」 > 「その他の広告掲載方式」

で、「ウェブ検索」の方が効率がいいキャンペーンだとわかります。

Yahoo!プロモーション広告の青枠は、

「ウェブ検索」 < 「その他の広告掲載方式」

で、「その他の広告掲載方式」の方が効率がいいキャンペーンだとわかります。

言葉の定義として、

ウェブ検索=検索のみに該当

その他の広告掲載方式=検索を含むすべての広告掲載方式に該当

Adwordsの赤枠は、

「Google検索」 > 「検索パートナー」

で、「Google検索」の方が効率がいいキャンペーンだとわかります。

Adwordsの青枠は、

「Google検索」 < 「検索パートナー」

で、「検索パートナー」の方が効率がいいキャンペーンだとわかります。

言葉の定義として

Google検索=Google検索ネットワークのみに該当

検索パートナー=検索パートナーを含むに該当

つまり、

「どこに広告表示されるか」によって、リスティング広告の運用実績は変化するということです。

ですので、「Yahoo!以外のサイトに掲載されているから、効果が悪い」とか「Google検索パートナーだから、効果が悪い」「Google検索ネットワークだけに掲載されているのに、期待した効果がなかった」などは、一概には言えないということです。

※なお、この画面表示方法は、下記の通りです。

≪Yahoo!プロモーション広告における表示方法≫

CP一覧ページにて、「表示」タブの中の、「広告掲載方式」を指定してもらえれば、確認できます。

≪AdWordsにおける表示方法≫

CP一覧ページにて、「分割」タブの中の、「ネットワーク(検索パートナー含む)」を指定してもらえれば、確認できます。

まとめ

広告掲載先によって、効果の違いが出てくることがお分かりいただけたと思います。

このデータ自体は、実際に掲載してみたからこそ、わかるデータです。

ですので、掲載開始当初から、「うちは、絶対にYahoo!にしか出したくない!」というと、もしかしたら、期待する効果が出ないこともあるかもしれません。

先入観なく、まずは掲載してみて、それからPDCAを回してみるという視点が必要かもしれませんね。
そうすると、今回の事例のように、これまでの運用とは違った側面で、分析・改善できるデータが集まると思います。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック