リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

スマートフォンへのリスティング広告が効果的な本当の理由

544273d04f17e3b8ac10aeddc7a6319d

ここ一年ほど、どこのセミナーに行っても展示会に行っても、スマートフォン絡みの話が多いですね。ホームページにおいてもスマホ化が叫ばれて久しいですが、なかなかスマホ化に世の中(特に中小企業)がついていけていない感じがします。

リスティングの視点から見ると、スマートフォンでのアクセスは確かに増えています。よく聞くスマホでのリスティングをやる理由は

  • 携帯がすべてスマートフォンになっていくから対策したほうが良い
  • まだライバルが少ないから今のうちにやっておくと楽に集客できる

といった話が多いような気がしていますが、個人的にはそれよりももっと大きな理由があると考えています。

どんな理由なの?

スマートフォンでのリスティングでは、今までPCでは測りたくても確実にはなかなか測れなかったある指標を確実に測ることができます。

それは、電話コンバージョンです。

業種によっては、問い合わせのほとんどが電話という業種もあると思います。PCのリスティングは電話コンバージョンがとても取りづらく、今まではその辺りのストレスがありました。

そういった場合でもうまく集客ができていればよいのですが、うまくいっていない場合、CVに結びついたキーワードの特定が難しく、少し暗中模索しながらアカウントの改善を進めていくといったことになっていました。

しかしながらスマートフォンでは確実に電話コンバージョンの測定が可能です。

つまり、スマホでのリスティングをやる理由は、電話コンバージョンの測定が可能だから、といっても過言ではないと思います。

(AdWordsのみ)

電話コンバージョンの測定方法

通常のメールコンバージョンに比べ、一手間必要ですので下記に簡単に記載します。

まず、「ツールと分析」>「コンバージョントラッキング」と進んでいただき、下記のように、「電話発信」を選択します。

そこで出てくるコードスニペットを該当ページに設置します。

そして、もう一手間というのがon clickタグの設定です。これを該当の電話番号のテキスト、画像、ボタンそれぞれに設置しなければいけません。

設置方法についてはGoogleヘルプをご覧いただければと思います。

コンバージョン トラッキングの設定

まとめ

ガラケーでも電話コンバージョンの測定は出来ましたが、ガラケーだけの時代には特定の業種以外はPCのアクセスがほとんどでした。しかしスマートフォンの出現で、ほぼすべての業種にスマートフォンのアクセスが増加し無視できない状態になってきています。

リスティングの改善にはデータの分析は欠かせません。特にコンバージョン周辺のデータはできるだけ多く集めることでより改善ができます。

電話コンバージョンの測定をすることでアカウントやホームページの改善に取り組んでみて下さい。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック