リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

PMFとは?特徴と検証する方法について

新規事業成功のカギとして、注目されているマーケティング手法の一つであるPMF

本記事ではPMFの特徴とともに、PSFとの関係性、PMFを検証する方法をご紹介します。

PMFとは

PMF (プロダクトマーケットフィット)とは、

「顧客の課題を満足させる商品を提供し、それが適切な市場に受け入れられている状態」を指します。

用語を分解すると、

  • プロダクト(Product)=商品
  • マーケット(Market )=市場や顧客
  • フィット(Fit )=適合

になります。

いくら高品質な商品を作り出しても、最適な市場に提供できなければ、必要としている顧客には届きません。

ビジネスで成功するために、PMFでは「顧客を満足させる商品」と「適切な市場に提供する」の2点が重要と考えます。

主にスタートアップ企業の間で世界的に広まっており、新規事業成功のカギとして取り入れられている、マーケティングの手法の一つです。

PSFとの関係性

PMFとよく一緒に用いられる言葉にPSF(プロブレムソリューションフィット)があります。

PSF(プロブレムソリューションフィット)とは「顧客が抱える課題を解決する商品を提供している状態」を指します。

利益を上げていくには、顧客の購買意欲に響かなければなりません。そのために、顧客の正確なニーズを把握し、最適な解決策を提示する必要があります。

PSFPMFを成功させるためのひとつのプロセスといえます。

前提としてPSFが達成されていなければ、解決策を求める顧客がいる「最適な市場」を探すことができません。

PMFの達成には、「最適な市場」を探すための「最適な解決策(PSF)」が必要です。

PMF を検証するには

PMFの状態を判断する方法についてご紹介します。

ユーザー調査をする

顧客にユーザー満足度調査を行います。

例えば、「この商品が使えなくなった場合、どう感じますか」という質問で、「とても残念だ」という回答が40%以上であれば、PMFは成功したと判断できます。

ユーザー調査の注意点は、ユーザーの主観に依存しているという点です。

参考として留めておいて、より正確なデータをとるためにその他の手法と組み合わせるとよいでしょう。

ロコミで率直な意見を知る

PMFの指標として、ロコミも有効です。

口コミの場合は、忖度なしの率直な感想を知ることができます。

SNSの投稿でもある程度把握できるため、SNSで自社サービスを検索するのも一つの手段です。また、友だちの招待機能を実装することで、顧客が周りの友人におすすめしたかどうかを測定するのもよいでしょう。

エンゲージメントによって利用頻度を知る

エンゲージメントよって、実際に「どれだけユーザーが利用しているのか」「利用頻度はどれくらいか」を知ることができます。

エンゲージメントは競合他社の商品や業界の平均と比較して判断しましょう。

まとめ

今回はPMFについて、特徴や検証の方法をいくつかご紹介しました。自社の商品やサービスによって、PMFの検証方法は何通りもありますので自社にあった方法で検証するとよいでしょう。PMFを活用することで、最適な市場に自社の商品を必要とする顧客に商品が提供できているかを把握できるため、重要なマーケティング施策の一つになります。ぜひ今後のマーケティング活動にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事