リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

「メタバース」とは?注目される背景について解説します!

Facebook社が社名を「Meta」に変更したことで「メタバース」の注目度がさらに高くなっています。

「名前は聞いたことがあるけれど、具体的にはどんなことに活用できるのかはいまいちイメージしづらい」という方のために今回は「メタバース」の意味と注目される背景についてご紹介します。

メタバースとは

メタバースとは、オンライン上に構築された仮想空間やそのサービスのことです。

利用者はアバターと呼ばれる自分の分身で参加し、仮想空間でお互いにコミュニケーションできたり、買い物やサービス内での商品の制作・販売といった経済活動を行なうことが日常化することが想定されています。

2020年に発売され、人気を博したNintendo Switch用ゲーム「あつまれ どうぶつの森」も、メタバースの一つであるとされています。

Meta社による発表

Metaが開催したConnect 2021では、今後10年以内に実現が見込まれるメタバースによる仮想世界の展望が発表されました。

メタバースの転換期にある現在において、ビジネスチャンスを3つのポイントで紹介しています。

1 .今の2次元のアプリに注力することが、来るメタバースへの架け橋になる

2.メタバースによって、現実世界の体験の質が高まる

3.メタバースは、ともに創られ、責任のもと構築される

引用元:Meta for Business (旧名称: Facebook for Business)

メタバースが注目されている背景

メタバースが注目されている背景には、新型コロナウィルスの影響で外出が減り、急速にコミュニケーションのデジタル化が進んだことがいえます。

人が多く集まるイベントをオンラインで開催する際にメタバースが活用されています。

例えば、毎年多くの人が集まるハロウィンイベントを仮想空間で行う地域もありました。

VR技術の進歩により、VRゴーグルの軽量化やワイヤレス化が進み、より自然なコミュニケーションが可能になりました。

そのため、リアルイベントの代替策として、メタバースの活用は今後もさらに広まっていくことが予想されています。

また、メタバースが注目されている背景には、NFTの影響があります。

NFTとは ・・・

「非代替性トークン(non-fungible token)」の略称、デジタル上における資産の所有証明書のようなもの。

ブロックチェーン技術が活用されているため、暗号通貨と同様、その真贋や所有、譲渡に関する記録を改ざんすることが非常に難しい特徴がある。

メタバースとNFTを組み合わせることで、唯一性を確保しながら安全に所有、売買できます。

そのため、巨額の取引に対して安全性があることから、近年「NFTアート」と呼ばれる高額なデジタルアートの取引が可能になっています。

今後はメタバースを活用した仮想空間を通じて、さらに大規模な経済活動が行われていくとが期待されています。

まとめ

今回は、メタバースについてご紹介しました。新型コロウィルスの影響で、職場へ出勤していたのがリモートに切り替わるなど、私たちの生活は大きな転換期にあります。

今後様変わりしつつある社会で、メタバースが私たちにどのような実りをもたらし、私たちがどのように活用できるのか、今後も注目していくと新しいビジネスチャンスが見つかるかもしれません。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事