リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

DX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性について解説

DXとはデジタル化が進む現代において、企業の重要課題の一つになっています。

経済産業省の調査によると、レポート発行から2年経過後の統計でDXへの未着手企業は95%にも上ると発表されています。(参考:経済産業省|DXレポート2)今回は、DXの重要性について解説していきます。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で、端的には「デジタル技術の変革により人々の生活が豊かになること」を意味しています。

経済産業省がまとめた『「DX 推進指標」とそのガイダンス』では、「DX」を以下のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

引用元:経済産業省|「DX 推進指標」とそのガイダンス

DXの重要性

近年のデジタル化が進み、企業はWebサイトやWeb広告、SNSなどを通して、顧客の属性や行動データを取得できるようになっています。

そのため、企業は顧客のニーズを加味した適切なコミュニケーションを取ることがが重要になっています。

また、企業がDXに取り組むことで、自社の製品やサービス、ビジネスモデルを変革しさらに組織の文化を変革すること(レガシー企業文化からの脱却)が、市場の急速な変化や多様化するニーズに対応するための必須条件といえるでしょう。

DXへのスモールステップ~対話のDXについて~

DXが重要と言ってもどこから始めればよいのでしょうか。DXへの取り組みのスモールステップとして、対話の価値が改めて注目されています。

対話領域は活用範囲が広いことが特徴で、取得したデータを企業活動に効果的に取り入れることが可能です。 企業活動で発生するあらゆる対話をデジタル化し、業務効率化を図る取り組みができます。

例えば、チャットポットのようなシステムを社内に導入して、社内用の問い合わせ用コミュニケーションツールとして業務を効率化する企業が増えています。そこから得たデータを元に社内の業務改善に繋げることに役立てています。

さらにそのシステムを活かして、顧客とのコミュニケーションにおいても、コールセンターに寄せられる顧客からの質問や感想をデジタルデータとして収集・分析することで、サービスの改善に活用する取り組みも進んでいます。

まとめ

今回は、DXの重要性について解説しました。経済産業省では、「変化に迅速に適応し続けること、その中ではITシステムのみならず企業文化(固定観 念)を変革することがDXの本質であり、企業の目指すべき方向性」であるとしています。(参考:経済産業省|DXレポート2 )

日本では、DXの未着手企業がまだまだ多い状況です。この機会にぜひ自社のDXへの取り組みを見直してみてください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事